大自然生活館TOP

豆情報  BeansInfomation

► 美味しい飲み・方食べ方・賢い使い方 delicious tea to dorink
● お茶の美味しい飲み方集
● 料理の美味しい食べ方
● ジャムの美味しい食べ方
● ドリンクの美味しい飲み方
● パンの美味しい食べ方
● 雑貨の賢い使い方
► 自然食品&雑貨ができるまで
● お茶ができるまで
● 調味料ができるまで
● ジャムができるまで
● パンができるまで
● 雑貨ができるまで
► 自然食品&雑貨 豆辞典
● お茶豆辞典
● 調味料豆辞典
● ジャム豆辞典
● パン豆辞典
● 雑貨豆辞典
► 自然食品&雑貨よくある質問
● お茶のよくある質問
● 調味料のよくある質問
● ジャムのよくある質問
● パンよくある質問
● 雑貨のよくある質問
► 自然食品&雑貨 レシピ
● お茶レシピ
● 調味料レシピ
● ジャムレシピ
● パンレシピ
● 雑貨レシピ

http://www.herb-t.net/herbteaurawaza1.jpg

 

紅茶の美味しい飲み方                           
1
・どんなポットが良いか!                        
 ・できるだけ丸いものを選ぶ。      ジャンピングがで
 ・保温性の高いものを選ぶ。       きる環境作りの

 ・ボーンチャイナ製が大変好ましい   必須アイテム
 ・鉄製のポットは絶対使わない。
 水温が下がるとジャンピングが起きないから温度を保てて、さらに対流が起きやすい形です。
 鉄製のポットは紅茶に含まれるタンニンが鉄と化合して水色が悪くなることを防ぐ為です。3番目のボーンチャイナ製がよい。

2
・茶葉の量について!
 軟水の日本では必要なカップ数分だけの茶葉がベスト。
ティースプーンやティーメジャーでカップ数分そのまま茶葉をいれないで、別に日本茶を飲むのに決まった分量でいれないで自分の舌で、おいしいと思う茶葉の量を探す。渋いイメージが拭えておいしい紅茶を楽しめる。

3
・紅茶の注ぎ方!
  保存用ポットに紅茶を注いで移す方やカップに直接注ぐ方とパターンがありますが、茶葉が入っているポットから注ぐときのポイントはフルリーフなら上下に軽く動かしながら注ぐといいと思います。茶葉が沈みきっているので軽く混ざる感じになって均等になるはずです。人によっては最後にティースプーンで軽くまぜたりするところもあります。ブロークンでこれをやると雑味が増えます。

紅茶を入れる時には軟水がイイ !
 水道水や井戸水などの生活用水、市販のパック水などは純粋な水ではなく、いろいろな不純物を含んでいます。特にカルシウムイオンやマグネシウムイオンは、水の品質に大きな影響を与えます。水の中に含まれるカルシウムイオン/マグネシウムイオンの量のことを「硬度」と言い、その量が多い水を「硬水」、逆に少ない水を「軟水」と呼んでいます。通説として硬度0100を軟水、硬度100300程度を「中硬水」、硬度300以上を「硬水」と規定しています。  軟化にはいろんな方法ありますが、一番簡単なのは、普通にお湯を沸かすことです。「煮沸法」と呼ばれるこの方法では、水中の硬度成分の代表格である炭酸水素カルシウムが煮沸されることにより炭酸カルシウムとなって沈殿します。その時間はおよそ3~5分です。このように煮沸法によって簡単に除くことが出来る硬度を一次硬度と呼びます。
 

http://www.daisizen.com/goods_image/A132_I1.jpg手軽さが魅力のティーバッグ。
 ティーバッグで美味しい紅茶を入れるには、まず美味しい紅茶のティーバッグを使う事。質の悪いティーバッグではいくら頑張っても美味しい紅茶は入れられません。           
ティーポットを用意する(急須でも可 蓋付きのもの)
必ず温めて使うこと。注いだお湯の温度が下がり成分が抽出されない。
人数分のティーバッグを用意する
1
人につき必ず一袋を用意する。バッグには一人分しか茶葉は入っていません。
汲みたて、沸かしたての沸騰したお湯でいれる
紅茶は新鮮な汲みたての水を沸騰させた熱湯でいれるほどおいしくなります。

時間を守って蒸らす
 ポットの蓋をして蒸らし、ティーバッグの場合、45秒から90秒でOK。
 バッグを出すときに激しく揺すったり、絞ったりすると味が悪くなります。
コツ1
出来る限り100度に近い熱湯を用意します。
紅茶の香りは沸点に近い高温の湯で抽出する事によりひきだす事が出来ます。
できればコンロでぐらぐら沸かした湯を使うのが理想的ですが 電気ポットの湯を使う場合は、

http://www.daisizen.com/goods_image/A133_I2.jpg湯温設定ができる場合は湯温は最高温に設定して下さい。
再沸騰機能があるポットなら、それを利用して一時的に湯温を沸点近くに上げる事が出来ます。
                                     
コツ2
カップに熱湯を入れ、温めます。 カップが熱くなったら

湯を捨て、そこにティーバッグを入れ、熱湯を注ぎます。

コツ3
抽出中は、カップに蓋をします。
小皿でも何でも良いので、カップに被せておきます。蓋をする事で、

抽出中に冷めにくくなり、また香りが揮発してしまうのも防ぎます。

コツ4
ちゃんと香味が出るまで抽出します。
よく、ジャポンとカップにティーバッグを入れ、揺すって色が出たら終わりではなく、ちゃんと旨みが出るまで抽出して下さい。
ティーバッグによって適する抽出時間は異なりますが、通常は2分~3分です。ミルクティーにする場合は5分ぐい必要です。                        
          
コツ5
ティーバッグを取り出す時に搾らない事です。搾ると嫌な苦味が出ます。 抽出が終わったらティーバッグを軽く揺すり、カップの中の水色が均一になったらティーバッグを引き上げ、軽く上下に振って湯を切ります。

コツ6
そのティーバッグで入れられる湯の量を守る事です。 一般的な1杯用ティーバッグなら、1個で入れられるのはティーカップ1杯の紅茶です。 ティーバッグ

http://www.daisizen.com/goods_image/A140_I1.jpg1個当たりの、茶葉の量が2.5gなら湯の量はティーカップ1杯(約160cc)、大きめティーバッグ(5g入り)ならティーカップ2杯(320cc350cc)です。

健康茶の美味しい飲み方

珈琲メーカーがあればまずは用意してください。
珈琲用のペーパーに薬草茶をカレースプーン1杯分入れて下さい。軽くでいいです。

分量だけお水を入れて下さい。 あとは、珈琲を出す容量でスイッチオン薬草茶が出てきます。

お好きなカップに注いでいただき、召し上がってください。 モーニング珈琲の変わりに。ランチの後や、
ティータイムに。珈琲メーカーを使うと一日中美味しい薬草茶が飲めて、お掃除もゴミ箱は捨てるだけで、簡単!

お急須に茶葉3~5g入れ(一回分の茶葉をお茶パックに入れると簡単)
お湯をいっぱい注ぎ、しばらく蒸らしてから湯飲みについでください。
茶の色がでなくなるまで、お飲み頂けます。茶葉3~5gで約2~3杯程度お飲み頂けます。

                          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国茶の美味しい入れ方と飲み方    
 1・まずは茶壺にお湯を注ぎ、茶壺を温めます。
 2・茶壺のお湯を茶海へ移して、茶海を温めます。
 3・続いて茶杯・聞香杯も温めておきます。
 4・茶壺に茶葉を投入します。
  茶葉の使用量は茶壺の底が見えなくなる量です。
 5・お湯を少し高いところから一気に注ぎます。

お湯が一杯になった状態で、直ぐに表面に灰汁のような泡が浮いてきます。そこで茶通し、もしくは茶壺の蓋の縁で灰汁を切ります。
  蓋をすると注ぎ口からお湯が溢れますが、茶盤を使用していますから下に流れますので気になりません。

 抽出中は内部の温度を下げないで抽出し易い温度を維持する為に、茶壺の上から全体に暑いお湯を注ぎます。
(お湯は茶盤の中へ流れますが、茶船という別の茶壺専用のお皿状の容器を使用する場合もあります。
 茶盤全体の面積が小さい場合や、お茶会等の場合は茶船を使用した方が段取りがよくなります。)

6
・抽出した一煎目を、茶漉しをセットした茶海へ注ぎます。
  (茶海へ一度お茶を移すのは、濃度を均一にするためです。)
7
・最後の一滴まで、出し切ってください。(二煎目以降を淹れる為に重要です。)                   
8
・茶海から聞香杯へ、お茶を人数分注ぎ分けます。
9
・お茶を注いだ聞香杯の上に、茶杯を被せます。 上下逆さまにひっくり返します。
10
・この状態で杯托へ置いて、お茶をお出しします。
11
・お茶を飲む際はこの聞香杯をそっと持ち上げ、先ずは香りを聞きます。
12
・何度もお茶の香りを嗅ぐと、肺の中まで香気で一杯のようになります。そして、最初の一口を味わいます。

中国茶は茶葉の量を多目に使用して、抽出時間を短くするのが美味しく飲むコツだと申し上げましたが、一煎・
二煎・三煎と何煎も飲みながら会話を楽しみ、お茶の味が変化していくのも楽しめます。抽出時間を短めにすれば爽やかな味わい、長めにすれば濃厚な味わい、時には苦味が勝る事もあるかもしれませんが、それも味わいの一つとしてお楽しみください。

中国茶を淹れる場合、一煎目を流す(洗茶)という淹れ方もあります。(これは消毒という意味合いもありますが、一煎目の茶葉の開きが促進されて、その方が一煎目が美味しいという場合もあります。)

 中国では工夫茶と言いまして、お茶の嗜みの一つとして自分なりのスタイルを作り上げる事も楽しみの一つ
と言えます。お茶を美味しくかつ楽しく飲む事によって、心豊かな気分に成れるのが中国茶の醍醐味です。
皆様も中国茶の奥深い魅力を味わいながら、自分なりの工夫茶を作り上げてください。

 

コラーゲンテイーをスポーツドリンクに混ぜて      
1.
グラスにティースプーン1杯分のコラーゲンテイーを入れます。
 およそ4~5gです。
2.
コラーゲンテイーの上から、グラスの4割くらいまで、スポーツドリンクを入れます。
3.
コラーゲンテイーとスポーツドリンクがよく混ざるまでかき混ぜます。
4.
コラーゲンテイーとスポーツドリンクがよく混ざったら、ちょうど良い量になるまでスポーツドリンクを足します。
5.
お好みで氷を入れて出来上がりです。

コラーゲンテイーとスポーツドリンクは味も良く合いますのでおすすめです。
粉末が少しずつ底に沈んで行きますので、時々かき混ぜながらお飲み下さい。


コラーゲンテイーをカルピス水に混ぜて
1.グラスにティースプーン1杯分のコラーゲンテイーを入れます。およそ4~5gです。
2.
コラーゲンテイーの上から、グラスの4割くらいまで、カルピスウォーターを入れます。
3.
コラーゲンテイーとカルピスウォーターがよく混ざるまでかき混ぜます。
4.
コラーゲンテイーとカルピスウォーターがよく混ざったら、ちょうど良い量になるまでカルピスウォーターをつぎ足します
5.
お好みで氷を入れてお飲み下さい。
コラーゲンテイーの味とカルピスの甘みがからみ合ってとてもおいしくなります。
これならお子様も喜んで飲んでくれるのではないでしょうか。
溶けきらない粉末は少しずつ底に沈んで行きますので、時々かき混ぜてお飲み下さい。

青汁コラーゲンテイーをオレンジジュースに混ぜて
1.グラスにティースプーン1杯分の青汁粉末を入れます。
 およそ4~5gです。
2.
青汁粉末の上から、グラスの4割くらいまで、オレンジジュースを注ぎます。
3.
青汁粉末とオレンジジュースがよくなじむまでかき混ぜます。
4.
青汁粉末とオレンジジュースがよく混ざったら、ちょうど良い量になるまでオレンジジュースを足します。
5.
お好みで氷を入れてお飲み下さい。
青汁の味とオレンジジュースの酸味がよく合い、とてもおいしくなります。
これならお子様も喜んで飲んでくれると思います。
朝食に一杯、お風呂上がりに一杯など、普段のライフスタイルに合わせて毎日飲みたいですね。

青汁コラーゲンテイーをミルクティーに混ぜて
1.グラスにティースプーン1杯分の青汁粉末を入れます。
 およそ4~5gです。
2.
青汁粉末の上から、グラスの4割くらいまで、ミルクティーを注ぎます。
3.
青汁粉末とミルクティーが、よくなじむまでかき混ぜます。
4.
青汁粉末とミルクティーがよくなじんだら、ちょうど良い量になるまでミルクティーをつぎ足します。
5.
お好みで氷を入れてお飲み下さい。
青汁の味にミルクティーの甘みがマッチしてとてもおいしいです。
普段からミルクティーを飲まれているなら、ぜひ試していただきたいです。
朝食に一杯、お風呂上がりに一杯など、普段のライフスタイルに合わせて毎日飲みたいですね。

青汁コラーゲンテイーを お茶に混ぜて       http://www.herb-t.net/koragensyou.jpg
青汁コラーゲンテイーをコーラに混ぜて
青汁コラーゲンテイーを アイスコーヒーと混ぜて
1.グラスにティースプーン1杯分の青汁粉末を入れます。
 およそ4~5gが目安です。
2.
青汁粉末に、グラスの4割くらいまで、アイスコーヒーを注ぎます。
 グラスの4分目あたりで止めます。
3.
青汁粉末とアイスコーヒーが、なじむまでスプーンでよくかき混ぜます。
4.
青汁粉末とアイスコーヒーがよくなじんだら、ちょうど良い量になるまで、さらにアイスコーヒーをつぎ足します
5.
お好みで氷を入れてお飲み下さい。
コーヒーの苦みが青汁の苦みを包み込むような味で、とても飲みやすくなります。
無糖のコーヒーならカロリー面で安心ですが、飲みやすさもある程度は重視したいですね。

http://www.daisizen.com/goods_image/A26_I3.jpg青汁コラーゲンテイーを 豆乳と混ぜて           
1.
グラスにティースプーン1杯分の青汁粉末を入れます。
 およそ4~5gが目安です。
2.
青汁粉末に、グラスの4割くらいまで、豆乳を注ぎます。
 グラスの4分目あたりで止めます。
3.
青汁粉末と豆乳が、なじむまでスプーンでよくかき混ぜます。
(どういうわけか青汁粉末がダマになってなかなかなじみませんでした。乳成分には少し溶けにくい要素があるようです)
4.
少し長く混ぜて、青汁粉末と豆乳がよくなじんだら、ちょうど良い量になるまで、さらに豆乳をつぎ足す。

*ホットにするとダマがよく混ざりスープとして飲めます。・・オススメ
大豆のたんぱく質も豊富ですから、朝食に飲みたいですね。
(見た目が気になる方はシェイカーで振り混ぜるとよく溶けるのでおすすめです)

日本茶の美味しい飲み方                    
おいしいお茶を飲むためには、60~65度の温度で飲む。
おいしいお茶を飲むためには、水が大切。
おいしいお茶を飲むためには、二回お湯を入れ替えたら、新しいお茶の葉に取り替える。お茶を入れるときの水は、軟水=自然の湧き水や清水、井戸水が一番よい。

水道水で美味しく飲めるコツを紹介します。
 水道水は消毒用の塩素が含まれています。この塩素を

取り除く事が美味しいお茶を味わうコツです。
①1
2時間ほど水を汲みおきします。
沸かした時に、のふたを取った状態で3分ほど沸

騰させる。この処理で塩素のカルキ臭はほとんど消え

ます。




煎茶の入れ方
新茶や上級の煎茶は、70℃くらいの低温で入れるとうまみや甘み、色合いを引き出すことができます。普通の煎茶は90℃前後が適しています。
熱湯を茶碗に入れて、茶碗を温めると同時に適温まで湯をさまします。急須に適度な量の茶葉を入れます。1杯につき23グラムが目安です。適温までさました茶碗の湯を急須に入れ、12分(深蒸し茶は30秒)蒸らしてから、温めた茶碗にお茶を注ぎます。急須に湯を入れるときは67分目を目安とし、蓋との間に隙間をもたせるようにします。急須を軽く上下に振って、最後の一滴まで注ぎます。湯の量は、上級煎茶160ml、普通の煎茶190mlが目安です。
2
煎目は、お湯を入れてから10秒位待ちます。

玉露の入れ方
最高級の玉露は、50℃前後、普通の玉露は60℃前後の低温でじっくり入れると、うまみを引き出すことができます。ぬるめのお湯で、旨味成分のテアニンを引き出すことが重要です。湯冷ましを使用すると湯が早く冷めます。熱湯を茶碗に入れて、茶碗を温めます。茶碗の湯を急須に入れ、急須を温めてから、急須の湯を湯冷ましに移します。繰り返すと湯が早く冷めます。急須に適量の茶葉を入れます。13g前後が目安です。急須に湯冷ましの湯を入れ2分程度蒸らしてから、茶碗に注ぎます。急須を軽く上下に振って、最後の一滴まで注ぎます。13040mlが目安です。
2
煎目は冷ましたお湯を入れてから30秒位待ちます。

ほうじ茶の入れ方
ほうじ茶の入れ方は、大き目の急須に一気に熱湯を入れて香りを出すのがポイントです。急須に適量(13g程度)の茶葉を入れます。急須に一気に熱湯を入れ、蓋をして1530秒蒸らしてから、急須の中を見て茶葉が開いているのを確認し、茶碗に注ぎます。湯の量は、1120130mlが目安です。2煎目は、急須からすぐ茶碗に注ぎます。番茶も同じ入れ方です。お茶の有効成分は、2回目でほとんど出つくしますので、それ以降は茶葉を取り替えます。古くなったほうじ茶は、フライパンで軽く炒りなおすと香りがよみがえります。


ジャムのポピュラーな食べ方

プレーンヨーグルトに入れる。

トーストにバターとジャムをたっぷりぬって食べる   

ロシアンティ (温かく入れた紅茶に加えるだけ)

 

ジャムの手間いらづな食べ方

コーンフレークにジャムをのせて牛乳をかける

しっとりした食パンにたっぷり塗ってサンドイッチ。

英国風にスコーンと一緒に食べる

生クリームにジャムを混ぜてパンにはさんで食べる

パンにマヨネーズ+ママレードジャムを塗る

バニラアイスにかける

じゃがいもをふかしてジャムを塗って食べる

クラッカーにのせる

 

ひと手間かけたジャムの食べ方

ブルーベリージャムを生クリームに入れて、泡立ててスポンジにのせて食べる。

パン生地を正方形に伸ばしいちごジャムを塗り、ロールケーキのように丸めて1cm位に切り分けて焼く。

甘さひかえめのマフィン生地に好きなジャムを荒く混ぜて焼く。

アツアツのフレンチトーストにブルーベリージャムをつけて。

ホットケーキを小さめに焼き、サンドイッチのようにはさんで”特性ドラ焼き”。

溶かしたチョコに入れて固めて食べます。

ジャム+ヨーグルト+ゼラチンをゼリーにします。

ヨーグルトにジャムを入れて冷凍庫で凍らせます。シャーベットにするとおいしい。

チーズ+ジャムが美味しい

クラッカーの上にクリームチーズとジャムを一緒にのせる

フランスパンにクリームチーズとジャムを一緒につけて食べる

トーストにスライスチーズを乗せて、ブルーベリージャムをかける

 

料理にジャムを加える

裏技としてはカレーに少し混ぜ煮込みます。

お肉の煮込み料理の隠し味に (マーマレード.レモンジャムなど柑橘系のジャムをいれるとおいしいよ) 鶏料理の時にソースの中に入れる。

白身魚のムニエルに少し手を加えたジャムをソースがわりにして・・・

http://www.daisizen.com/goods_image/A43_I4.jpgサラダのアクセントに

ジャムとマヨネーズを重ねて卵焼きで巻いて食べる

ドリンク+ジャム

牛乳に入れて飲む。

ウオッカとのカクテル。

ゆずジャムはお湯に溶かしてホットドリンク

焼酎に大さじ一杯のジャムを入れて飲む。

ジャムの食べ方 ヨーグルトシェイク

企業情報 企業ポリシー 採用情報 クーポン お問い合わせ