ブルーベリージャムblueberry jam

ブルーベリージャム

                
<ブルーベリージャム>

1・学名  ・・・・・ Vaccinium corymbosum
       Vaccinium : スノキ属
       corymbosum : 散房花序のVaccinium(バッキニウム)は、ラテン語の「vaccinus(牝牛の)」が語源。

2・原生地 ・・・・・ブルーベリーはツツジ科のスノキ属の植物で、背丈は低く日本を含めヨーロッパ・アメリカなどに
           広く分布します。原生地は荒地や川辺が多く酸性の土壌を好みます。

 
3・効能 

4・使用方法 ・・・・・パンに塗って

       ・・・・・ヨーグルトと混ぜて

       ・・・・・スコーンにのせて

       ・・・・・お菓子作り・ケーキなどに

そんなブルーベリージャムはお店でも一番人気!!誰でも食べやすく、甘さが食欲をそそる!ブルーベリージャムを工夫し
色んな料理にお使いください♪
・・・レシピ・・・・

*ブルーベリーレアチーズケーキ*

材料:ジャム 大さじ2〜3、クリームチーズ125g(箱半分)、ヨーグルト500g、砂糖40g、ゼラチン7g、オレオ9枚、マーガリン20g

1.ヨーグルトをざるにひいたフキン(キッチンペーパー)の上にのせ水切りをする。

2.オレオを砕きマーガリンと混ぜ、バットに敷き詰める。

3.ゼラチンを大さじ4の水でふやかし、レンジで温める。

4.温室に戻したクリームチーズを泡立て器でやわらかくし、そこに砂糖・ヨーグルト・3のゼラチン・ジャムを混ぜる。

5.2に入れ冷蔵庫で2〜3時間冷やしてできあがり!

簡単・クリームチーズ節約の美味しいケーキです♪


*ブルーベリーバナナサンドイッチ*

材料:ジャム適量、食パン2枚、バナナ1本、マーガリン適量

1.食パンにマーガリン・ジャムを塗り、スライスしたバナナをしきつめる。

2.はさんだらできあがり!!!

簡単!おやつにもいいですね♪生クリームを挟むとさらにおいしいです♪

*ブルーベリーフローズンヨーグルト*

材料:ヨーグルト300g、ジャム100g、レモン汁おおさじ2、砂糖おおさじ2

1.砂糖・レモン汁をレンジで加熱し混ぜる。

2.ボウルにヨーグルト・ジャム・1を入れよく混ぜる。

3.バットなどにいれて冷やせばできあがり!

簡単爽やかフローズンヨーグルトができます。


そのほかにも実のあるこのジャムを使えば沢山の料理を楽しむことが出来ます。ぜひチャレンジしてみてくださいね。
*ブルーベリージャム作り*

ゴールデンウィークも終わり、今日はジャム作りを再開しました。ゴールデンウィーク中はジャムが人気だったようで、作りだ
めしておいたものもほとんど在庫がない!といった状況になっていました。試食をされた方は美味しいといって購入される方
が多かったようです。作っている側としてはとても嬉しいことです。

そのため、今日は一番人気だったブルーベリージャムを作りました。

こがさないようにと徐々にブルーベリーを加えて煮詰めていったのですが、実がとても良くほとんど煮くずれもおこさず、焦げ
付かず、美味しいジャムができるなという予感がしました。途中で味見をすると、ブルーベリーの旨みが出た甘くて美味しい
ものになっていました。ただ、つくるのに時間がかかってしまい、午後の製造が間に合わずに手伝ってもらうことになってし
まいました。自分では精一杯順序良くやっていたつもりでも、変なところで時間がかかってしまったり、ロスが出ていたよう
です。明日は今日の反省を活かし、もっと時間を考えながらコツや流れをつかんでいけるようにしていきたいです『まるまる果実ブルーベリー』

 *ブルーベリーの果実の形を、出来るだけまるのまま残したジャムになっています。

味だけでなく、見た目も可愛らしいのでトッピングとしても使いやすいかなと思います。

 前回は、少しゆるくなってしまったので、今回はフルーツを4〜5回に分けて煮詰めていく途中を長めに取り、かつ、
グラニュー糖を入れる前にもう一度良く煮詰めてみました。

 フルーツを入れて煮詰めている最終段階では、果実の色が変化しきった後、もう少し煮詰めて見ました。色も判断基準の
ひとつになるのかと思います。

 最終的には、味見をしてとろみを見て、確認していただいて瓶詰めを行いました。

味は、濃くて酸味も利いていて美味しくできたと思います。

栽培品種の成木の樹高は1.5-3m。春に白色の釣鐘状の花を咲かせ、花後に0.5-1.5cmほどの青紫色の小果実が生る。
北米大陸でのみ栽培される野生種に近い品種は数十cm程度の低木である。果実は北アメリカでは古くから食用とさ
れてきたが、20世紀に入り果樹としての品種改良が進み、ハイブッシュ系、ラビットアイ系、ローブッシュ系のほ
か近縁種であるビルベリー等の交配により多くの品種が作出された。

ブルーベリーの栽培
栽培においては酸性土壌で水はけが良く、充分な冬眠時間があれば農薬を一切使わずに栽培することも可能である
とされている。ただし根が浅いため乾燥に弱く、特に夏には水切れに注意する必要がある。他家受粉性であるため、
収量を増すためには開花時期の重なる二品種以上を植えるのがよい。収穫時期の雨と霜を回避できれば収穫後の日
持ちも良い。栽培適地はハイブッシュ系が寒冷地向き、ラビットアイ系が暖地向きとされる。また、サザンハイブ
ッシュ系が作られ暖地でも食味のよいハイブッシュ系の栽培ができるようになった。

利用
一般に目の網膜に良いとされるアントシアニンが豊富に含まれているため、ブルーベリーを使用した健康食品が多く
市販されている。アントシアニンを含む医薬品としては、ブルーベリーやその近縁種であるビルベリーを原料として
ヨーロッパ製のものが販売されているが、日本国内で医薬品として認可されたものはない。アントシアニンの視力改
善効果は一般に広く宣伝されているが、国立健康・栄養研究所の論文調査によると視力改善効果などは一切認められ
ていない。

これに関連してイギリス空軍パイロットジョン・カニンガムが食用していたという逸話があるが、これは第二次世界
大戦中にイギリス軍が高性能レーダーの存在を隠蔽するために流した嘘であるという説がある。

生産と流通
長期輸送・市場流通に充分耐えうる品質のものが世界中から日本の市場へ供給され、通関は通常検査で行われる。

日本国内では1968年より東京都小平市で経済栽培が始まり、長野県・群馬県・新潟県・山梨県など栽培に適した高冷地
を中心に各県で生産されるようになった。
ブルーベリー
ツツジ科スノキ属に分類される北米原産の低木性果樹です。その果実がエレガントなブルーになり収穫されることから
ブルーベリーと呼ばれています。今世紀初頭から改良がすすめられた20世紀生まれの果実で、ブルーベリージャムが国
内で店頭に並んだのは1970年代の後半からという、文字通り新鮮な果実です。成熟した果実は、濃い青紫色になります
が、これは、アントシアニン色素と呼ばれ、水溶性の色素です。このアントシアニン色素が、眼によい効果があると最
近一躍注目を浴びています。

「薄明かりの中でも物がはっきり見えた!」
夜間飛行のパイロットが証言。
ことの起こりは、第2次世界大戦中に始まります。あるイギリス空軍のパイロットが、ブルーベリージャムが大好物で、
毎日、パンの厚さと同じくらいブルーベリージャムをたっぷりつけて食べていました。そのパイロットが、夜間飛行、明
け方の攻撃で「薄明かりの中でも物がはっきり見えた」と証言したのです。その話から、イタリア、フランスの学者が研究
を開始、その結果、野生種のブルーベリーのアントシアニン色素が、人間の眼の働きをよくする効能があることがわ
かったのです。

人間の網膜には、ロドプシンという紫色の色素体があり、このロドプシンが光の刺激を脳に伝え「物が見える」と感じて
いるわけです。ところが、眼を使っているとロドプシンは徐々に分解されてしまいます。また、年をとることによってだ
んだん減少していくこともわかりました。研究の結果、アントシアニン色素を摂取すると、このロドプシンの再合成作用
が活性化されることが判明したのです。つまりアントシアニン色素によりロドプシンの再合成が活発になれば、眼の疲労
がとれ、視野がぐっと広がり、夜間でも暗闇に目が慣れる時間が著しく早くなるという効果が現れてくるわけです。

パソコン、TVゲーム、眼の酷使に速効性、ヨーロッパでは医薬品として製造。
その後も研究は進み、アントシアニン色素を摂取後、4時間後に効果が現れ、24時間持続することが確認されています。
かなりの速効性が期待できるのです。副作用も全くないこともわかりました。天然の果実に含まれる色素ですから安全
なわけです。

会社や学校でのコンピュータなどOA機器の導入やTVゲームなどの普及、勤務時間の変化、あるいは受験勉強や夜間
長距離運転による目の酷使など、現代のさまざまな眼精疲労や眼の疲労感にはとくに有効といえます。また、網膜の機
能性低下や白内障を防ぎ、糖尿病が原因の眼の病気予防にも役立ちます。

ヨーロッパでは、多くの研究、臨床試験が重ねられ、1976年イタリアで初めて医薬品として製造が承認されました。その後
もヨーロッパをはじめニュージーランド、韓国など、多くの国で色素を抽出した粉末や錠剤が、医薬品として広く利用されて
います。
青紫色に秘めた、強力な抗酸化作用。
ブルーベリーが人間の眼に効くという以外に、強力な抗酸化作用があることが注目されています。ガンや脳卒中など、
成人病の発病、あるいは老化やさまざまな症状には、かなりの割合で活性酸素が関与しているといわれます。この過剰に
発生した有害な活性酸素を抑える働き(抗酸化作用)、または活性酸素を消去する作用を、ブルーベリーのアントシアニン
色素が強力に持っていることが実証されたのです。

この色素の抗酸化性を、ビタミンE、茶タンニンなどと比較した最近の研究の結果、ブルーベリーのアントシアニン色素は、
これらに匹敵するか、または上回る強い活性があることがわかりました。米国農務省に属する栄養研究所の発表によると、
米国産の43種類の果実と野菜の抗酸化作用を比較したところ、ブルーベリーが最高値を示し、ナンバーワンであることも
証明されました。活性酸素と深い関わりのある種々の疾患、たとえばガンや自己免疫疾患、心臓血管系疾患などの予防、
改善、また老化防止などに有効であると期待されます。

まだまだいろいろな働きがいっぱい!
また、アントシアニン色素は、人体のコラーゲン(組織を維持する体内のタンパク質)を基質とした結合組織、たとえば
軟骨部や靱帯、腱(ともに筋肉と骨とを結びつける組織)などを強化する働きがあります。それに加えて炎症が起こっている
結合部分で、コラーゲンを破壊する酵素(体内での化学変化を促進する物質)を阻害して、コラーゲンの合成を促進するので、
傷の回復を早める役割もあります。そのうえ、筋肉をリラックスさせる作用があって、月経時の痛みや不快感の軽減にも役
に立つとされています。女性の悩みを解消する秘薬ともいえるでしょう。

さらに、このアントシアニン色素にはビタミンPのような作用があるといわれています。ビタミンPは、毛細血管の抵抗性を高め、
毛細血管から血がにじみでる性質、すなわち毛細血管透過性を抑制する作用があることが知られています。毛細血管を強化
することにより、脳内などでの血管の損傷を防いでいるのです。加えて、血液の成分の一つである血小板が凝固することを
抑制するので、血液をさらさらにして、血管の老化や循環障害を改善してくれます。

豊富な食物繊維含有量。
この他、ブルーベリーの果実成分の中で注目すべきは、食物繊維の量が極めて多いことです。そもそも果実は食物繊維を多
く含んでいるのですが、中でも多いといわれているキウイフルーツやバナナをはるかに上回る果実中最高の食物繊維を含ん
でいるのがブルーベリーです。


食物繊維含有量の比較(g/100g)
ブルーベリー 4.1
キウイフルーツ 2.9
バナナ 1.7
食物繊維を豊富に摂取することは、整腸作用、便秘解消に有効であり、したがって大腸ガンの予防にもなるのです。