クランベリー酢ドリンクcranberry vinegar drink

クランベリー酢ドリンク

<クランベリー酢ドリンク>

■原産国: 日本・カナダ

■原材料内容:酢・ハチミツ・クランベリー・マリンコラーゲン・カルシューム・柚子

■クランベリー酢ドリンクについて・・・・


酢ドリンク・・・酢の歴史は「酒のあるところ、必ず酢がある」といわれるくらい古く、わが国では弥生時代
        後期にはすでに利用されていたといいます。
 古い時代には、農民たちが個々に手造りしていましたが、4世紀後半に中国から和泉の国(いまの大阪府南部)に醸造技術が伝えられ、本格的な醸造が始まったといわれています。江戸時代に入ると、酢づくりが醸造業として成り立ち、大規模に生産されるようになりました。そして最近では、健康志向の時代を反映して、酢のもつ効用を積極的にうたいあげた製品が、さまざまな名称で出回っています。
<栄養>酢に含まれている酢酸やほとんどの有機酸は体内でクエン酸に変わります。クエン酸は、疲労物質である乳酸などの酸性物質を分解してエネルギーを生み出す「クエン酸サイクル」を活発に働くようにします。お酢
が身体によいといわれるのはこのためです。最近、疲労回復にクエン酸が注目を集めていますが、クエン酸だけを大量に摂取すれば良いというわけではありません。必要な栄養素をバランスよく取り、特にビタミンB群の摂取を心がけることが必要です。また、酢酸やクエン酸にはミネラルの吸収を高める作用があります。鉄やマグネシウム・亜鉛など、不足しがちなミネラルは、お酢と一緒に摂る事で、吸収しやすくなります。
また、腐敗菌の増殖を抑える働きがあるので料理の保存にも役立ちます。

クランベリー・・・クランベリーは、ブルーベリーとコンコードグレープと並ぶ北米原産3つのフルーツの一つ
です。クランベリーは最初に、食料、染料、薬の役割を持つ野生のベリーの多様性を発見したネイティブアメリ
カンに利用されました。今日では、クランベリーは北米で広く栽培され、生鮮品でも加工品でも入手可能です。
最初の入植者であったピルグリム達は、春に咲くピンク色の花が、鶴(crane)の頭とくちばしに似ていること
から、”Cran-Berry”と名付け、それが後に“Cranberry”となりました。ヨーロッパからの移住者は、ネイティブアメリカンからクランベリーの活用法を学び、またクランベリーを物々交換として重宝しました。アメリカ捕鯨漁師や船乗り達は、壊血病を予防するために、ビタミンCの豊富なクランベリーを航海に持っていきました。1810年には、ヘンリーホール船長が、初めてクランベリーの栽培に成功しました。1871年までには、アメリカで最初のクランベリー生産者の組織が誕生しました。(U.S.A.クランベリーより)

<栄養>クランベリーには、数々の重要な健康効用があります。ネイティブアメリカンは、昔から、頭痛から
癌に伴う痛みまで、様々な病気の治療に利用してきました。今日の研究では、単に体に良い 低カロリーのフルーツということだけでなく、尿路感染症や歯肉炎の予防に大きく役立つことが証明されています。また、心臓病などの病気に対する効果についても研究が進められています。

・ポリフェノールの抗酸化作用

・キナ酸による殺菌・抗菌作用

・膀胱内・尿路を殺菌&老廃物を排出で膀胱炎・尿路感染症予防
:::酢はクエン酸・酢酸・アミノ酸などの成分からできており、毎日一杯の酢ドリンクで健康家族。ハチミツの
成分はブドウ糖・果糖・ミネラル(カルシウム・鉄・銅・マンガン・リン・硫黄・カリウム・塩素・ナトリウム・珪素・マグネシウム・珪酸)とビタミン(B1・B2・B6・C・K・葉酸・ナイアシン・パトテン酸・ビオチン・コリン)が含まれており健康維持に役立ちます。酢ドリンクは健康に良い酢に100%ハチミツで甘味を付け更に飲みやすくするためフルーツをいれ、更に柚子果汁をいれマイルドな味に仕上げました。コラーゲンとカルシウをいれ機能性を高めました

*クランベリー酢ドリンク採点*(★5個→満点

美味しさ:  ★★★★ (コメント:酢ドリンクの中でも人気商品。クランベリーと酢の美味しさがバランス良い)

低カロリー: ★★★★ (低カロリーなクランベリー。酢もカロリーが少ない。ハチミツがブレンドされています
             が、砂糖の倍の甘さでカロリーは砂糖の3割程度!しかもこれを10倍ほどに薄めて
             飲むので低カロリーで、安心して飲めますね。)

作りやすさ: ★★★★★ (コメント:水や牛乳で割るだけなのでとても簡単!)
■クランベリー酢ドリンクで・・

★ペットボトルに酢ドリンク+水でジュース・ソフトドリンクの代用としてやスポーツドリンクとしてもご利用
いただけます。

<飲み方>

酢ドリンクの飲み方・・酢ドリンク30〜40ccをTEAカップに注ぎ140〜150ccのお湯(もしくは水)を足して
スプーンでかきまわしてお飲みください。 

*目安として5〜7倍位にお好みに応じて薄めてください。

*お湯割は身体に染み渡るように美味しいです。*開封後は冷暗所に保管のうえ2ヶ月以内にお飲みください

<フルーツヨーグルト風>

牛乳200ccに酢ドリンク50ccを入れかき混ぜればできあがり!酢もまろやかになり飲みやすいです♪

*ポリフェノールを豊富に含み食物繊維・ミネラルの含有量が高い。ポリフェノールの一種でブドウの皮や種子
に含まれる渋み成分(カテキン)のプロアントシアニジンを含み脂肪分が少ない。クランベリーが粒粒のままは
いっていて、エキスが酢によくしみでています。朝晩健康維持にお飲みください。他にもお料理などでも使える
のでお試し下さい*