大自然生活館TOP

レモンlemon

この原料についてのお問い合わせや見積もり依頼(必要量・選別有無・希望形状を明記して)
については左記お問い合わせをクリックして必要事項をご記入のうえご連絡ください

1.原料名 レモン
2.原料用単価 A.異物の選別必要
B.異物の選別不要
C.必要量目       500g、1kg、10k、100k、1000k
3.希望形状 A.ホール
B.刻み
C.粉末
4.概論 インドのヒマラヤ地方で誕生したレモンは10世紀頃に中国へ、その後アラビア半島に伝わりました。12世紀頃にアラビア人からスペインに伝えられたといわれます。さらに十字軍の移動によりヨーロッパに広まり、大航海時代にはアメリカやブラジル・アルゼンチンなどへも伝わりました。日本には明治時代初めに渡来し、現在は広島、愛媛、熊本などで栽培されています。
5.名称 ●学名: Citrus limon〔キトゥルス レモン〕
●英名:

●和名:レモン〔檸檬〕
●生薬名:檸檬〔ネイモウ〕
●科名:
みかん科 ミカン属 常緑低木
6.原産地
 産地
 栽培
 収穫
●原産地: インド北東部ヒマラヤ山系
●主な産地:世界中
採取・製法 : レモンの成熟した果実の皮を採取し乾燥。
部位・形状 :レモンの果皮、刻み。
栽培と収穫:
7.成分 フラボノイド、ビタミンA・B・C、揮発成分、苦味成分
8.作用
 適応
風邪予防、美容効果、疲労回復
利尿、抗炎症、末梢血行促進、抗ヒスタミン
静脈瘤、内痔核、腎臓結石、発熱性の軽い疾患
【外用】湿疹、虫刺され、喉の痛み

■ お茶の効能
利尿作用
抗炎症作用
抗ヒスタミン作用
食欲増進作用
刺激作用
9.使用方法 レモンピールを1カップに小さじ1杯入れ熱湯を注ぐ、浸出時間は少し長めで5分ぐらい。
ブ レ ン ド
〔単位小サジ〕 疲労回復・・・・・・レモンピール1/2+シナモン1/4本+ハイビスカス1/2+ローズヒップ1/2
10.摂取量/日
11.香・味覚 レモンの香り。
酸味のある味。
12.使用上の注意
 安全性
浸出時間は、5分が目安です。
13.その他 レモンの見分け方
形が整っていて果皮にハリとツヤがあり、色鮮やかなものが良品です。また軸の部分が緑色で香りがよく、持ったときに皮に弾力があり重みを感じるものを選びましょう。軽いと水分が少ないのでおいしくありません。また皮にシワがあったり、変色しているものも避けてください。

レモンの保存方法
常温の冷暗所でも数日は持ちますが、より長持ちさせたいなら乾燥を防ぐためビニール袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。5~6度くらいの環境で1ヶ月くらいは日持ちします。カットしたレモンは切り口をラップでくるんで冷蔵庫へ入れて、早めに使い切りましょう。
レモン特有の高い香りは果皮の部分にギュッと詰まっています。レモンティや洋菓子の材料に利用する際には皮も使うのがポイントです。

「レモン○個分のビタミンC」という指標として使われるように、レモンはビタミンCが豊富に含まれている果物です。このため、風邪予防や美容効果に期待できます。また、疲労回復にも効果が高いといわれている「クエン酸」も豊富です。

レモン1個分のビタミンCの値は農林水産省のガイドラインで「20mg」と決まっています。

レモンピールとは、レモンの果皮を乾燥させたもので、これで入れるレモンピール茶はすっきりとした風味で、ほのかな
レモンの香りがとても爽やかです。レモンピールを細かく刻んで使用すると、より一層香りが出て楽しむ事ができます。
程よく酸味があるので、食前に飲むと食欲がわきます。レモンの香りを楽しみたい時は、ほかのお茶とブレンドするのもお勧めです。
❒.参考文献 ・ハーブ検定テキスト
・アロマ検定テキスト
・百科事典(平凡社)
・家庭の中医学
・緑の薬局
・健康茶情報
・ハーブテイー薬草データベース
・薬膳情報net
・ハーブの香り
・サプリメントラボ