大自然生活館TOP

オプテイマル ヘルスoptimal Health

オプテイマル ヘルス

 毎日の生活シーンの中で少しの意識・工夫で病気を予防したり、免疫力を強化したり、デトックス・体質改善が徐〃にでき身につきます。 毎日の適度の運動と食事に少々気を付けるだけで健康的な生活を過ごすことができます。 自然健康生活では家族みんなで健康な生活を送るための健康情報を提供しています。
現代医療は、外傷、急性細菌感染症、強力な薬剤や外科手術を必要とする緊急時の対処には優れていますがウイルス性感染症、慢性変性疾患、アレルギー、自己免疫疾患、多くのタイプのがん、精神疾患には、ほとんど無力です。アンドルーワイル医学博士’は、名著「ナチュラル・メディスン」の中で対症療法に優れた医薬品は、逆に人間本来の自然治癒力や抵抗力・免疫力を損ねてしまう。医薬品を継続服用して自然治癒力や抵抗力の弱いカラダにしてしまう、日常の生活スタイルや食生活を見直して、自然治癒力や抵抗力・免疫力の高い身体を維持していくことも、全て「自己責任」である。医療機関を盲目的に信用&依存し、処方された医薬品を真面目に継続服用して、副作用で辛い状況に陥ったり薬害を被ったり不本意な思い、必ずしも切る必要がないのに手術を奨められて、その結果、合併症で苦しんでしまう人。自然治癒力や抵抗力・免疫力に優れた、‘体調不良になりにくい’&‘病気から回復しやすい’身体になるために医者に頼りすぎない自己責任での健康管理が大切です。

8大栄養素+

糖質(炭水化物)
脂質
タンパク質

栄養素

栄養素

栄養素

栄養素

栄養素
④ミネラル minerals (約100種類)
⑤ビタミン vitamins (約30種類)
(みず)
⑦食物繊維
⑧ファイトケミカル(約1万種類)
9)酵素


● メタボリックシンドローム
1)高血圧で困っている人

   高血圧を下げるハーブ(リンデン) ・ 高血圧を下げる野菜 ・  高血圧を下げる食事 
   ・高血圧を下げる運動 ・ 高血圧を下げるスパイス ・高血圧を下げる果物 
   ・高血圧を下げる木の実
   ・血圧を下げる香 ・血圧を下げるお風呂

 2)高血糖値で困っている人

   血糖値を下げるハーブ ・ 血糖値を下げる野菜 ・ 血糖値を下げる食事 
  
 ・血糖値を下げる運動
   血糖値を下げるスパイス ・血糖値を下げる果物  ・血糖値を下げる木の実

 3)脂質異常で困っている人
● アンチエイジング
  更年期障害で困っている人
● 免疫力
● 体質改善
  肩こりで困っている人
  髪が薄くて困っている人
● デトックス
● ダイエット
❒ 健康指標
● ORAC
  (Oxygen Radical Absorbance Capacity:活性酸素吸収能力)
● クエン酸回路

■自然健康生活の内容は、病気の治療を目的とするものではありません。病気の治療を目的とされる方は専門 の医療機関にて適切な処置をおこなって下さい。
■自然健康生活の情報に基づきご自分の責任においてお取りになった行為により、万一ご利用の方に病状の  悪化など不利益が生じた場合でも、自然健康生活運営局は責任を負いかねますので何卒ご承知おき下さい。
 老化度チェック-血液中のホルモン検査、骨密度、体脂肪の測定、心肺機能検査、動脈硬化度の 5 つで、いずれも加齢とともに変化のあるものを重点的に行います。オプティマル・ヘルスに達しないサブ・オプティマルな項目をチェックして、健康長寿を目指すため弱点を見つけることが、抗加齢医学医療の大切な第一歩です。

抗加齢医療の基本は、食事療法 (サプリメント療法も含む) ・運動療法・精神療法の 3 本柱です。ホルモン補充などの薬物療法は、これらの次として位置付けています。アンチエイジング(老化度判定)ドックの検査結果に基づいて弱点が何であるかを判断し、下記の基本療法を指示していきます。これらの基本療法の中で、何よりも大切なことが、「いつまでも若く元気にいこう」という気力 (スピリット) を持つことです。
〔1〕食事療法

抗加齢医学では、食事療法の目的として、(1)生活習慣病の予防(2)成長ホルモンの効果を生かす(3)免疫機能を高める(4)抗酸化作用のある食物の摂取をあげています。
抗加齢医学による治療の効果を最大限に高めるためには、血糖値を低めに維持することが課題です。インスリン様因子-I(IGF-I)と呼ばれる健康を保つのに必要なホルモンのレベルを高めるために、内因性成長ホルモンの分泌を促進したり、外から成長ホルモンを投与したりします。

インスリンはこのインスリン様因子-I(IGF-I)の産生を抑制するので、食事管理によって血糖値のコントロールを厳格に行う必要があります。基本的には低カロリー食とします。肥満は成長ホルモン放出の妨げとなるので、適性体重を維持するよう心がけます。

運動量と適正体重から計算されるエネルギー摂取量を守ることは極めて重要です。これを長期的に行うことによって、エネルギー消費と糖代謝を安定させることができます。高アミノ酸食品は成長ホルモンの放出を促進するので、良質のタンパク質を多く摂取する必要があります。糖質やでんぷん質を多く含む食品は、急激なインスリンの分泌を促すため、その割合いを減らすべきです。脂肪や塩分の過剰摂取にも注意します。

〔2〕運動療法

日常生活において、家事や散歩などで体を動かすことは、最も基本的な運動療法です。運動療法の基本は、(1)負荷トレーニング:筋力トレーニング(2)有酸素運動:ジョギング・ウォーキング・エアロビクス(3)柔軟体操の 3 種類をバランスよく行うことが重要です。

これらをうまく組み合わせることによって、「体脂肪とコレステロールを減少させる」「成長ホルモンのレベルを高める」「骨密度を高める」「筋力を増強する」「怪我を減らす」「日常の動作を容易にする」「感情を安定させる」「筋肉の萎縮を予防する」「容姿を改善する」「体脂肪を減らす」といった効果が望めます。

〔3〕精神療法

加齢にともなう意欲低下、抑うつ状態、神経症、緊張、ストレスの蓄積、睡眠障害などの症状に精神療法は欠かせません。特に身体の免疫システムと密接に関係するストレスにうち勝ち、若々しい気持ちを保つことが大切です。 精神療法がもたらす最大の「果実」は、自分自身で生きようとする意志、健康でありたいという願いを自分の中にしっかりと作り上げることです。

〔4〕サプリメント療法

健康的な食生活をしていると思われる人でも、各種ビタミン、ミネラル、必須脂肪酸、抗酸化剤などを摂取することは必要だといわれています。市販されているサプリメントの質や成分はじつにさまざまで、なかには、低品質な成分や吸収性の悪い成分、安価な栄養素を含んでいるものもあって、サプリメントの選択にはある程度の知識と慎重さが必要です。

サプリメントの選択に関しても医師に相談することができれば、まがいものをつかまされたり、効果のうすいサプリメントを高値で買わされるようなことを防ぐことができます。抗加齢医学では、医師もサプリメントについての知識をもつ必要があると考えています。

〔5〕美容療法

見た目の若返りも精神的にはプラスに作用します。

〔6〕薬物療法

抗加齢医学における薬物療法としては、抗酸化療法・免疫強化療法・ホルモン補充療法があります。これらの薬物療法は、基本的には食事・運動療法、精神療法を十分に行ったうえで、必要に応じて施行されるべきです。

参考文献
抗加齢医学 http://www.yonei-labo.com/anti-aging/index4.html
❒ 自然治癒
  人が本来的に持っている「自然治癒力」を高める様々なセラピーを総称して、「自然療法 Naturopathy」と定義しています。 また、自然と人との関わり方をよりよい方向へと導いてくれる各アプローチも自然療法の定義の中に入れています。

自然界に存在する純粋な刺激である暖かさや冷たさ、日光、空気、水、土、運動と休息、栄養、薬用植物、さらに安らぎを与える心理療法などを相乗的に用いながら、生体が潜在的に持っている自己治癒力と自己調整機能に働きかけ、生体を活性化する各種療法のことを言います。 人が自然に持っている内なる力を高めたり、強めたり、広げたり、深めたりするセラピーです。

ある物質を身体に投与する「薬理療法」、身体の動きや五感にアプローチする「ボディワーク」、人の精神・心・知性に働きかける「心理療法」の3つに分けることが出来ます。

・薬理療法
漢方 ハーブ薬草療法 食事(栄養)療法 ホメオパシー アロマセラピー 有機自然農法 マクロビオテック 波動水 温泉療法 イオン療法 フラワーレメディーなど

・ボデイーワーク

マッサージ 座禅 ヨーガ 気功 エアロビクス 各種五感療法(光療法 音楽療法 色彩療法 食味療法 ダンス療法等)など

・心理療法
カウンセリング 精神分析 交流分析 ゲシュタルト NLP イメージ療法 芸術療法 夢療法 催眠療法 認知行動療法 内観療法 アニマルセラピーなど

各セラピーは密接に関連しあい、単純にカテゴライズできないものもあります。 互いのセラピーを上手く活用し合うことが「自然療法」の醍醐味でしょう。

自然療法では、心身の健康はメトロノームのように「ある一定の幅の中での安定した状態」であると捉えます。 そこへ外的ストレスが加わり、ひずみやゆがみが生じても、再び元の安定した状態へと戻ろうとします。 その力を「自然治癒力」または「恒常性(ホメオスタシス)」と言い、この恒常性が保たれる限界を超えた状態を病気と考えます。

病気を治療・治癒する際は、自然治癒力が最大に発揮される環境づくりが出来るかどうかが大きな要因となります。 特に外因性でなく、内的要因からおこる病気、例えば精神的ストレスによる心身症や食生活の乱れが原因と思われる生活習慣病(成人病)など、不自然な原因が複雑に絡み合った結果生じたと考えられる病いに対しては、とりわけ自然療法が効果を発揮します。

この自然療法も上記にあるように様々な方法論があり、相手やその環境によって柔軟に対応することも、自然療法ではとても大切なことと言えます。
❒ 自然療法とは

自然療法とは、心身のバランスを取ることによって人の自然治癒力を高め、健康を維持していく療法です。アロマセラピーやリフレクソロジーといったもので、現代医学の様に病気を治すことが目的ではなく、自然の力や手当てによって、人に本来備わっているバランス能力「ホメオスタシス(恒常性)」を最大限に発揮できる状態をつくり、自分の力で健康に導くのが目的です。
現代医学が発展する遥か昔から、中国、インド、アラビア、ヨーロッパ、アメリカなど世界の様々な地域で、その土地で見られる薬草や鉱物、人の手を用いて伝統な自然療法が行われていました。
自然療法は世界各国の伝統的な自然療法を基本とし、現代まで人々によって受け継がれています。

自然療法には多くの種類があります。

 アロマセラピーやフィトテラピー、フラワーエッセンスなど、ハーブや植物由来のエッセンスを鼻、皮膚、口などから吸収させて植物の成分を取り入れる植物療法、リフレクソロジー、ツボ、リンパドレナージュ、マッサージなど、人の手を使って反射区、ツボ、筋肉、リンパなどを刺激していく手技療法、そして食養生やサプリメントなどの栄養療法も広義には自然療法に含まれます。気質や体質、症状によって複数の種類を組み合わせることが可能です。

 アロマセラピーやリフレクソロジーといった自然療法は、サロンやスパだけでなく、介護施設、障害児施設、美容院など、様々な現場で実践されています。病気になりにくい健康な心身を維持することを目的とする予防医学として、生活の質を高めるための補完療法として、医療機関でも注目されています。現在では、日本でも多くのメディカルスパで、アロマセラピーやリフレクソロジー、リンパドレナージュなどの自然療法が取り入れられています。

■ アロマセラピーとは?

アロマセラピーとは、植物から抽出される精油(エッセンシャルオイル)を使用し、心と身体のケアをする自然療法で、アロマ(Aroma)は芳香、セラピー(Therapy )は療法を意味します。香りは脳の大脳辺縁系に働きかけるため、アロマセラピーは数々ある自然療法の 中でも、ストレスケア、美容、健康回復などに大変効果的な方法と言われています。アロマセラピーは、トリートメントは勿論、室内芳香や入浴など様々な利用法があり、家庭でも気軽に行える自然療法のひとつです。多くの医療機関や福祉施設でも取り入れられています。

■ リフレクソロジーとは?

古代より、体の表面には、身体の各部分に対応する「反射区」が存在し、反射区を刺激することで、その部分に刺激を与えるのと同じ効果があると考えられていました。この方法がリフレクソロジーであり、心身のバランスの乱れを読み取ったり、バランスを取るのを助けたりする自然療法として知られています。リフレクソロジーは、自然療法の中でも場所を選ばず時間もかからないことから、多くの医療機関や福祉施設でも取り入れられています。

*クースミン療法
*ホメオパシー
*アントロポゾフィー医学
*セニィアレ式食事療法
*タル・シャラー療法
*アロマテラピー
*バッチのフラワーセラピー


★ 健康情報いろいろ

 
健康情報

健康データ

おうちで健康

おうちで健康食
健康にいい食品 栄養素114種 アロマテラピー 料理検索ナビ
エキサイト健康 食品成分表 ーブ療法 料理レシピ
健康茶一覧 GI値表 漢方療法 自然食メニュー
食の効能・効用 食品成分表 森林セラピー 薬膳メニュー
健康にいい食品 食品基準一覧 温泉療法
食の効能 栄養素別食品一覧 ホメオパシー
食育ガイド ガン予防食品一覧 暮らしの情報図鑑 おうちでクリーン
農産物のお話 食材辞典 生活習慣病の予防 キッチンクリーン
NKオンライン 野菜パネル フラワーレメデイ- トイレクリーン
健康キーワード辞典 健康辞典 おうちでレメディ バスクリーン
ハーブ一覧 野菜図鑑 ハウスクリーン

温 泉



  (草津温泉湯畑)                (万座温泉湯煙)

お風呂の賢い使い方 お風呂Q&A 温泉療法 ほのぼの群馬温泉大百科
草津よいとこネット 草津の達人 秘 湯 ドライブDE温泉



北軽井沢周辺の情報
イベントは! 花と木は 気候は

● 温泉は! 
草津温泉 万座温泉 鹿沢温泉協会 高峰温泉 川原湯温泉
赤岩温泉 応徳温泉 湯の平温泉 花敷温泉 尻焼温泉

● スキー場!  ・  ・  ・
草津スキー場 万座スキー場 鹿沢スキー場 パルコールスキー場 湯の丸スキー場

草津温泉

 北軽井沢からR146で北方面に応桑~羽根尾まで行き大津でR145を上っていくと草津温泉に
 到着します。 所要時間は40分位です。標高はmで北軽井沢より少し高く雪も多い。町の中央
 に湯畑があり湯煙とその湯量に温泉地らしさをかんじられる素敵な所です。
草津の歴史について 泉質について 湯もみについて 町営の共同浴場
主な温泉施設は 草津温泉の観光スポットは 草津温泉の宿 ハイキングコース
ハイキングコース 草津役場 & 草津観光協会 スキー場は ゴルフ場は


  (白旗の湯)                   (湯畑&お土産やさん)

2・嬬恋村

   北軽井沢からは県道(北軽井沢・大笹線)で20分位車でいくと万座鹿沢口へ着きます。嬬恋村の
  中心地になりJR吾妻線の終着駅(大前)です。キャベツ・温泉・スケートが町の名物です。

   嬬恋村役場は!        嬬恋村観光協会は!


万座温泉


 (万座温泉ジュラク露天風呂)            (万座温泉豊国館露天風呂)

  万座鹿沢口から西武有料道路にのりかえて白樺並木の高原道路を一本道をのぼっていき終点が
  万座です。(所要時間50分)
  草津から白根山を経由して万座に行けます。(所要時間80分、11月中旬~4月下旬まで通行止め)
  万座温泉は海抜1,800m。
  緑に囲まれた上信越高原国立公園内の中の高山温泉郷です。
  温泉は酸性硫黄泉で約80度の高温。
  湧出量は1日に540万リットルに達しています。
  また、春は残雪と新緑、夏は避暑、秋は紅葉、そして冬はスキー。
  一年を通じて四季折々に楽しめます。
万座の歴史 主な温泉施設 万座観光 ハイキングコース
万座の宿 豊国館 万座温泉観光協会

3・鹿沢温泉

  北軽井沢から県道(北軽井沢・大笹線)でパルコールゴルフ場を左折し東部町方面に向かう。
  (所要時間30分)
  雪山賛歌発祥の地でつつじの群生地(6月が見頃)が湯の丸高原方面に車で3分位の所にある。

鹿沢温泉の歴史 鹿沢温泉の宿 国民休暇村 つつじの湯 ハイキングコース 鹿沢温泉協会

  ・湯の丸・高峰高原

  湯の丸・高峰温泉は長野県小諸市になりますが、鹿沢温泉から車で10分位のところにあり是非足を 
  のばしたい観光エリアです。ハイキングと自然観察の宝庫であえて一緒に紹介させていただきます。
高峰温泉 高峰高原 湯の丸高原

3・六合村

 北軽井沢からR146で長野原町に旧道沿いに行きJR長野原駅手前をR292に左折して一本道で
 六合村にいきます。(所要時間40分位)
六合村役場 六合村観光協会 六合村の温泉 赤岩温泉 応徳温泉
湯の平温泉 花敷温泉 尻焼温泉 六合村の宿 野反湖

長野原町

 北軽井沢からR146で20分位で長野原町の中心街につきます。
長野原町役場 川原湯温泉観光協会 宿泊施設

5・北軽井沢

  北軽井沢観光協会

健康情報
健康家族ネット ハーブ図鑑 日本メディカルハーブ協会 健康マトリックス ガーデンタイム エキサイト健康
血圧ドットコム 食材辞典 循環器病情報サービス 料理検索ナビ e治験ドットコム ステビア工業会
メタボ解消運動 メタボネット チョコレート・ココア協会 食の効能情報館
暮らしの生活情報館

企業情報 企業ポリシー 採用情報 クーポン お問い合わせ
基本情報 1 基本情報 2 豆情報 3 浅間高原情報 4
コンテンツ 自然食品・雑貨ご注文方法 自然食品の美味しい食べ方 北軽井沢生活情報軽井沢情報
社員教育 ショップ案内 自然食品・雑貨豆辞典 北軽井沢に集い・楽しむ
職場・クラブ活動紹介 大自然生活館生産設備 自然食品・雑貨ができるまで 社会貢献活動
卸・OEM取引 プライバシーポリシイー 自然食品・雑貨よくある質問 フォト集・作品集
お取扱店様一覧 成分分析表 全国のお天気 ・ 時刻表 大自然のライフスタイル
大自然生活館商品カタログ 大自然生活館パブリシテイー 自然食品&雑貨リンク集 サイトMAP