雑貨の賢い使い方 usage with wise goods

雑貨の賢い使い方

アロマエッセンスオイル購入の際の注意点

1.100%天然(ピュア)なアロマオイルを選ぶ。

ものによっては天然成分以外の成分が含まれている場合があります。
そういったものを使用するとあまり効果が期待できないばかりか体に悪影響を及ぼす危険もあります。

学名、科名、主産地、原産、抽出部位、抽出方法などの記載が表記されているものは安心。

2.最初からたくさんの量を購入しない。

アロマエッセンスオイルはできるだけ新鮮なものを使用したいものです。
一度開封すると空気に触れてオイルが酸化しはじめます。
特に初めての購入の際には一度に大量の購入はさけ、まずは少量から始めてみましょう。

3.アレルギーテスト(パッチテスト)をする。

皮膚などが特に敏感な方やアレルギーなどをお持ちの方はオイルを使用する前にパッチテストを行いましょう。

アロマエッセンスオイルは天然成分100%のものですので、場合によってはアレルギーの症状が現れる場合があります。 上腕の内側など皮膚の柔らかい場所にオイルを少量つけてみて、その場所が赤く腫れるようでしたらそのオイルを使用するのは止めましょう。
アロマテラピーに揃えたい器具

アロマテラピーで使用するエッセンシャルオイルは非常に濃縮されています。そのためエッセンシャルオイルを使って何かを作る場合はきっちり計量する必要があるのです。そんなときにあれば便利な器具はどれか?アロマテラピーショップで見かける器具は一体どうやって、そして何に使うのかをご紹介しましょう。

◎まずは揃えたい基本編

<ガラス製ビーカー>
アロマテラピーの有効な実践方法のひとつ。それはアロマテラピートリートメントです。アロマトリートメントに欠かせない材料といえばキャリアオイルですが、そのキャリアオイルも当然計量する必要があります。プロのアロマセラピストのトリートメントでなくても自宅でキャリアオイルを使用する際必要となるのがこのビーカー。また手作り香水や化粧水を作る際にはアルコールを量ることもありますよね。香りが移らない、きれいに洗うことができる、これらの理由から素材はガラスが最適です。

例えばこんなときに、お役立ち

●お肌しっとりトリートメント

●アロマバスオイルの作り方

容量は30ml、50ml、100mlなどがもっとも手に入れやすく、家庭で使用するのであればこれだけで十分だと思います。

<遮光性ガラスビン>

アロマテラピーショップで色のついたガラス瓶を売っているのを見かけると思います。これは何に使うかというと、キャリアオイルを小分けして保存したり、またエッセンシャルオイルとキャリアオイルをブレンドしたものを入れておくんです。他には手作り化粧水を入れて保管するのにも使います。形は色々とありますが、サイズは25ml,50ml,100mlなどが使いやすいでしょう。

3ml,5ml,10mlの小さいめのサイズは、エッセンシャルオイルだけをブレンドするときに便利です。前もってエッセンシャルオイルだけをブレンドしておくと何かと活用できます。例えば、お風呂に入れたり芳香浴で用いる際にもいくつかのエッセンシャルオイルを用意しなくても、1本でブレンドされたオイルが使えるわけ。色々試して自分のお気に入りブレンドを見つけましょう。また先にエッセンシャルオイルをブレンドしておくと、旅先などに持っていく場合、少しばかり荷物が減ります。例えば最近眠りが浅いから神経を鎮静させる作用をもつラベンダー&カモミールローマン&ネロリを使いたい場合、先にブレンドしておけば3本持っていかなくても1本で済みます。


ガラスビンで大切なことは、必ず遮光性のものを使用するということです。透明のガラス瓶はきれいで素敵ですが、エッセンシャルオイルの保存を考えた場合、紫外線をカットする遮光ビンを使用することが重要です。

またエッセンシャルオイルが少しでも入っているものは、ポリエチレン容器を変質させる場合があるので、必ずガラス製のものを使用することも大切です。

<ガラス棒>

エッセンシャルオイルと水やアルコールを混ぜるときに使います。基本的にアロマテラピーで使う器具は食べ物で使用する器具とは別にします。例えば簡単に計量するときに計量スプーンを使うことがありますが、アロマテラピー用には別に用意しましょう。このガラス棒の代わりに食事に使う器具などを使用するのも避けます。ただ、ガラス棒が手元にない場合は、竹串などで混ぜ、使い捨てにするといいでしょう。

<ピペットとスポイド>

1mlや2mlといった極少量の計量に必要なのがこのピペットです。手作り自然香水作りには欠かせませんね。ガラスでできていますが上部がゴム製のものが多いため、アルコールや水の計量に使用します。細いため洗うことがなかなか難しいので、キャリアオイルやエッセンシャルオイルは避けてください。またスポイドはエッセンシャルオイルやアルコールを移したり、ガラスビーカーで作った香水を遮光ビンに入れたりする際にも使えます。

<メスシリンダー>

これも極少量の計量としてはとても便利な道具です。0.1ml単位で1mlからで5mlまで計量できるものや、0.2ml単位で2mlで20mlまで計量できるものなどが手にいれやすいでしょう。

<乳棒、乳鉢>

硬いハーブの種や実、樹脂などを砕くときに使用します。またカオリンを練り混ぜてパックを作ったりする際にも使用できます。これももちろん料理用とは別にしておきましょう。。ハーブを砕くだけならいいのですが、エッセンシャルオイルや樹脂が入ることを考えると別に準備するのをオススメします。

●お手入れ方法

ガラスビーカーや遮光ビンは使用後、中性洗剤でよく洗いぬるま湯で流した後、熱湯で消毒するか、アルコール(無水エタノールやウォッカ)を容器に入れよく振って消毒し、そのまま自然乾燥させます。しかしビンの場合、中をきれいに洗うのは難しいため、私はほとんど使い捨てにしています。ガラスビンのガラス部分は香りは付着しませんがキャップやキャップの裏側のプラスティクの部分には香りが残ってしまいます。ピペットやメスシリンダーはアルコールと水のみを計量し、油やエッセンシャルオイルには使用しません。家庭ではキャリアオイルを極少量で計量する場面はほとんどないでしょう。使用後はアルコールで消毒。
芳香器の種類について

アロマテラピーの一つとして簡単でしかもリラクゼーション効果の高い方法が「芳香浴」です。

「芳香浴」には精油を室内に拡散して香りを楽しむことができるだけでなくカラダやココロのストレスを和らげる効果があります。

「香り」を拡散させる道具として最もポピュラーなものに「アロマポット」や「アロマライト」がありますが、このタイプのものにはそれぞれ問題点があります。

「アロマポット」はローソクと火を使用します。

「火」を使用するということはやはり火災の心配がでてきます。

特に睡眠前などに行うアロマ療法は「リラックス」を目的にしますので「火」を使用することはできるだけ避けたほうが無難だと思います。

そして「アロマライト」ですが、こちらのタイプは家のコンセントに差し込んで使用するので仮に器の精油がなくなっても「ライト」としての機能だけは果たすので安心・安全ではないかとも思われますが、実は精油本来が持つ「良さ」を失ってしまう可能性があるのです。

というのも、「アロマランプ」、「アロマライト」は共に「熱」を利用して精油を拡散させるため精油本来の有効成分が変化しやすく「精油が持つ本来の香り」が変化しやすくなってしまうのです。
「香り」に敏感な方の場合、頭痛や悪心などの症状も出かねません・・・。

1番大切なことは「自然な植物が持つ香りのエネルギーをできるだけ自然なまま体内に取り入れる」こと。
それではどのようにしたら自然な香りを取り入れることができるのでしょうか?
芳香器のかしこい選び方

1番大切なことは?
精油の成分”そのまま”ということです。
何も変化させることなくそのまま空気中に拡散させればよいわけです。

オススメしたいのが、
*圧縮空気で拡散させるタイプ
圧縮空気の拡散タイプ」はお部屋全体に広がるだけでなく加湿機能やマイナスイオン放出機能などのプラスαの機能がついているものもあります。

*風を利用して拡散させるタイプ の2種類です。
風を利用する拡散タイプ」は大きさや形がコンパクトなので拡散させる能力はやや劣りますが寝室などで自分の周囲だけで香りを楽しむ場合やオフィスなどで自分だけ香りを楽しみたい場合などには便利ですよ。

ストレスの解消と睡眠の導入に是非アロマ療法を試してみることをオススメします。
ベビーオイル:全身から香りをただよわせたいとき(+防寒対策)

 ベビーオイルを全身にぬると肌着一枚分ぐらいの保温効果がある。そこで、このオイルに好きなフレグランスを混ぜて使ってみてはどうか、という試みである。湯上りに、手のひらに10円玉大のベビーオイルを取り(それをオイル&ウォーターの要領で、湯でうすめてもよい)、そこにフレグランスを1〜2吹きして、それを両手でこすり合わせて全身にのばす。足の指先まできちんとぬるのがポイントだ。
 「背中のあたりがポカポカする」「足先の冷えに効く」と寒がりの人・乾燥肌の人はぜひお試しを。
 香りの面では、たとえば香りの全分量を「10」とするならば、その10を一ヶ所に集中させるか、あるいはそれを全身に1ずつ割り振るか、それによって香り方が違ってくるわけだから、いろいろなフレグランスで試してみる価値がある。ただし「香水(パフューム)」は適さない。「オードトワレ」などの表記のある軽めのフレグランスが適している。
 
● ラストだけ… :少しでも早くラストの香りを出したいとき
 トップノート(つけてすぐの香り)がキツすぎるので、ラストのふんわりした香りに少しでも早くたどりつきたいときに有効。バスタオルくらいの大きめのタオルにフレグランスを3ヶ所スプレーして、まずはそれを窓の外でバサバサと数回はたく。そのタオルで、着ていこうと思っている服(なるべく上着)をおさえるようにして丁寧に拭く。そうすると、かぎりなくラストのほうに近い香りが衣服にうつる。とはいえ、これはインスタントな方法なので、本当は前日からスプレーしておくのがいちばん良い。

● 心理的に:(女性から見て)あまり親しくない男性と会うとき
 これは「まじない」的要素が強い。
 たとえば相手の男性がウルトラマリンを愛用しているとする。そうしたら、自分は自分で他のフレグランスをきちんとつけた上で、ハンカチのすみあたりにウルトラマリンをちょっとつけておいて、そのハンカチを胸ポケットあたりにしまっておく。ハンカチのウルトラマリンの香りがクッション的な役割をはたしてくれて、打ち解けやすくなるという裏ワザである。“初対面の人とすばやく打ち解けたかったら、まず相手のしぐさを真似る”
アロマバス

アロマバス用エッセンシャルオイル

サイプレス
皮膚をはじめとした組織を引き締めるといわれます。木の香りがナチュラル感いっぱいのサイプレスは男性にも人気です。

ジュニパーベリー
循環する機能を高めてくれます。利尿、発汗など古くから薬効が知られるため、薬として用いられた歴史をもちます。

グレープフルーツ
グレープフルーツの香りに含まれるヌートカトンという成分は、中性脂肪を燃焼させる作用があるといわれ数年前から注目されています。ただし肌に刺激を感じる人も多いので分量は控えめに。

フランキンセンス
お肌のたるみを改善する効果が望めます。リラックス効果も高い香りです。


今回はこのエッセンシャルオイルをすべて使います。ブレンドした香りはさっぱりと爽やかな印象。グレープフルーツのもつ、わずかなフルーティさのみ。森林浴をしながらお風呂に入っているかのような清々しさです!

バスベース
今回はエッセンシャルオイルに加えてキャリアオイルを使います。エッセンシャルオイルだけをバスタブに入れるよりマイルドな使い心地になります。色々な種類がありますが、今回オススメは「スィートアーモンドオイル」。

乾燥によるかゆみのケア、ひじやかかとのひび割れなど、寒い時期を越したために起こった肌トラブルに有効です。一回のバスタイムで約大さじ1杯ほどで十分。あまり多く入れると、オイリー過ぎると感じる人もいます。

バスオイルの作り方

やや黄色をしたオイルがキャリアオイル。
■材料

スィートアーモンドオイルなどのキャリアオイル 大さじ1/2〜1杯

エッセンシャルオイル3〜5滴/1回入浴分

■分量のキャリアオイルにエッセンシャルオイルを加えて作っていきます。ガラス容器などを利用してください。

■今回のブレンド
サイプレス1滴、ジュニパーベリー1滴、グレープフルーツ1滴、フランキンセンス1滴

すべてを1ずつ入れましたが、合計の分量を変えなければ、苦手なものを省いたり、また1種類だけでも構いません。日によって
アレンジしてみてください。


使用方法と使用感
作成したものを全部、バスタブに入れてよくかき混ぜて入浴します。オイルが入っている分、香りの持続が良いことや、肌への
刺激が少ないのが良い点。でもよくかき混ぜないと、水の表面にオイルが浮いているだけになってしまいます。

バスオイルを使うと、入浴している間はホントにお肌がつるんとして、自分で触っていても気持ちが良いものです。オイリー感
を楽しみながら肌を軽〜くなでさすって、ほんの軽いマッサージも併せてみては?オイルを使った効用で、お風呂上りの保温力
も抜群。香りの心理効果も加わってリラックスできます。

※入浴後は通常と同じようにお風呂用洗剤で浴槽を洗ってください。
※子どもと一緒に入るときにはキャリアオイルのみにしてください

バスタイムは、本来ならひとりの時間を楽しめるとき。誰に気を遣うこともなく、のんびり、ゆったり。

エッセンシャルオイルの香りは疲れている人ほど、心にしみます!ついでに、エッセンシャルオイルにはスキンケアの効果もあるので、自宅のお風呂がエステに早変わり。

お悩み別エッセンシャルオイル

エッセンシャルオイルは種類によって価格が違うものです。1000円前後〜数万円するものまで様々なものがあります。お疲れママの悩み別と香りの種類別(ハーブ系、柑橘系など)で選んでみました。メーカーによって違うこともありますが、だいたいの目安になるプライスも載せましたので参考にしてみてくださいネ。

■肩こりママにおすすめ:ローズマリー

すっきりした香りは、頭をクリアにしてとてもリフレッシュさせてくれます。イライラした気持ちを切りかえて、意欲がわいてきます。冷え性や肩こりママにオススメ。ハーブらしい草の香りが草原にいるようです。パパの腰痛なんかにもGood!

■いらいらママにおすすめ:ベルガモット
柑橘系の香りの中でも、ややスパイシーなところが魅力のベルガモット。感情がアンバランスなときに使いたい香りです。
例えば優しくしたいのに、イライラしてしまう・・・感情のコントロールがうまくいかないときに役立つでしょう。

■眠れないママにおすすめ:プチグレン

オレンジの1種であるビターオレンジの葉などから採れる香り。なので、ウッディ系とはいえ、やや柑橘フレーバーも見え隠れ。結構強い香りなので1滴で十分かもしれません。睡眠の調子が悪いときや、不安、緊張が強い夜にぴったり。肌細胞を刺激するので、日焼け後やしみのケアにもGood!

■かさかさお肌のママにおすすめ:カモミールローマン

まさに「お母さん」って感じのハーブ。強さと甘さを兼ね備えた香りは、インパクト大!しっとりとした肌になりたいママにオススメ。生理痛のときも役立ちます。

■セレブ気分を味わいたいママにおすすめ:バラ
高価なオイルはやっぱり気合が入ります!お風呂に入っても、「なんだか違うわ〜さすがね〜」って感じになるから不思議。リッチなバラ香りは濃厚で、気持ちを効用させ幸せな感情を高めます。肌のきめを整えたり、シワの予防なんかにもGood。リッチな気分になりたいときに!

実践!アロマバス

バスタブに1滴〜3滴ほど入れます。

きついな、と思ったら1滴で十分!天然の香りだからといっても薄いものばかりではありません。1滴からスタートして不足を感じれば次からは2滴・・という風に増やしてみてください。合計が3滴なので、2種類ブレンドしても良いですね。例えば、ベルガモット1滴&ローズマリー2滴、といった感じ。

浸かる前はお湯をよくかき混ぜてください。深呼吸すれば体に香りが染み渡り、明日もまた頑張るぞ!って気持ちが湧き上がってきます!

●注意●
今回の記事はお母さんの入浴タイムの使用方法です。子どもと一緒に入浴するときに精油は入れない
香りの保管の仕方

香りは、デリケートな香料を多く含んでいるため、光線、温度、酸素によって匂いや色が変化をおこすことがあります。取り扱いや保存に十分注意をはらって、クオリティーの高いまま香りを使いきるようにしましょう。

●光線(特に直射日光)を避ける
直接日光があたると、退色したり、色が濃くなったり、濁ったりして、色調が変化することがあります。また、香り自体も変化してしまいます。

●温度変化の激しいところを避ける
高温で香料が変質したり、変色したりすることがあります。低温では、香料によって結晶がでることも。室温は10〜20℃が理想的ですが、四季を通じてできるだけ温度変化の少ないところに保管しましょう。

●空気に触れないように
香りは空気中の酸素や汚れに敏感。空気に触れて酸化しないように気をつけましょう。また化粧品などのついた指で、ボトルの口に触れないように心がけることも大切です。

使用後は、ボトルの口についた香りが変質して中に入らないようによくふき、固くキャップをしめておきましょう。
香りの美しさを思う存分楽しむためには、大事だからといってしまい込んでおかずに、開栓したらできるだけ早く使いきりましょう。

●火気の近くでの使用は避ける
アルコール量の多い香りの火気の近くでの使用は避けて下さい。
メンタルケア

ストレスはその日のうちにすっきり払拭!何かとストレスの多い現代社会。仕事・恋愛・家庭問題などなど、みなさん色々な悩みを抱えて不安になったり、落ち込んだりすることもあるでしょう。精神的なストレスが原因で体に様々なトラブルが発生してしまう人や、精神状態が悪化して鬱病などの本格的な病気に発展してしまう人も少なくありません。
そんな事態につながる前に、一日のストレスはアロマテラピーでその日のうちにすっきり払拭しておきましょう!大好きな香りを使ったアロマバスや芳香浴に身も心もすっぽり包み込んで、自分自身をたっぷりいたわってあげてくださいね。

幸せの素・二大ハッピー精油メンタルケアに欠かせない二大精油といわれているのが、ベルガモットとクラリセージ。ベルガモットは沈んだ気分を高揚させてくれる作用があり、「自然の抗鬱剤」とも呼ばれています。クラリセージは心を明るく元気にしてくれるので、「ハッピーオイル」という愛称で親しまれています。
その他にも、パニック状態を緩和してくれるフランキンセンスや、不安を軽減してくれるサンダルウッドなど、精油にはアナタの心をいたわってくれるものがたくさんあります。これらの種類を上手にブレンドして、お気に入りの香りを見つけてください!

精油を使ったお掃除で気分爽快!気分が落ち込んでいるときには、気分転換に部屋の掃除などをしてみるのも良いですね。部屋がきれいになれば気持ちも晴れやかになりしますし、体を動かして爽快感を得ることもできます。そんなときの掃除にも、ぜひ精油を使ってみてください。
無水エタノールに消毒・殺菌効果のあるペパーミントやオレンジスィートを混ぜれば、頑固な汚れも一気に落とせる掃除用スプレーの完成です。無香料の台所食器用洗剤にブレンドして使ってもOK。洗浄効果がアップするだけでなく、良い香りによって毎日の家事を今までよりも楽しくこなすことができます。
メンタルケアで重要なのは、決して無理をしないこと。体の病気やケガと違って、心のトラブルの場合はみなさんどうしても「弱音を吐いちゃいけない、頑張らなくちゃ…」なんて思って無理をしたりしますよね。
アロマテラピーはあくまでも自然療法で、病院で受ける治療のような強力な作用があるわけではありません。
アロマで空間演出

アロマテラピーの最も手軽な楽しみ方アロマテラピーを最も手軽に楽しめる方法といえば、部屋中に精油の香りを充満させて楽しむ「芳香浴」です。
一般的に、芳香浴に使用する器具はオイルウォーマーとアロマライトです。オイルウォーマーはみなさん、雑貨屋さんなどで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?つぼのような形をしたアレです。
使い方は簡単。まずは容器上部にお湯またはぬるま湯をはり、そのなかに精油を2、3滴たらします。そして下からキャンドルの炎で熱してください。すると精油の香りが部屋いっぱいにふわっと広がっていきます。
実際の火を使わずに、電球の熱で精油を熱するのがアロマライト。ベッドサイドにおいて、夜寝る前に芳香浴をおこなうときにはこちらがオススメです。小さなお子さんのいる家庭でも、アロマライトなら安全です。

ムーディーな光で恋人とのひとときを演出この芳香浴の魅力は、お部屋の空間演出の際にも発揮されます。キャンドルの炎によって、ほんのり優しくムーディーな光を発するオイルウォーマー。これはとてもロマンチックな雰囲気をかもし出してくれますね。アロマライトはインテリアとしても利用価値が高く、最近では実に様々なデザインの商品が発売されています。だいたい3000円前後のものが主流です。この機会にひとつお気に入りのランプを購入してみてはいかがでしょうか?アロマテラピーは必ずしも1人だけで楽しむものではありません。
例えば、アナタが恋人と2人で、部屋で過ごしているときにも、アロマテラピーは大活躍です。そう、ランプの光と精油の効果で2人のムードをぐっと高めることができるのです!

「媚薬」の異名を持つ、セクシー系精油恋人と2人きり、そんなムーディーなシチュエーションで使用したい精油をいくつかご紹介しましょう。まずは、「媚薬」と呼ばれ、インドでは新婚夫婦のベッドサイドにその花びらをまく習慣があるともいわれているイランイラン。その濃密な香りは男女間のセクシーな気分を高めてくれるといわれています。しかも、女性ホルモンに作用して、女性をより美しく、つやっぽくみせてくれる効果もあるのだとか…。
このイランイランに、気分を高揚させる効果を持つベルガモットやグレープフルーツをプラスすればさらに効果倍増!そして彼の到着を待つ間は、優雅な香りで女性としての自身を与えてくれるローズオットーのアロマバスにつかって、心もお肌もレベルアップさせておけば、もう完璧ですね!
アロマを携帯しよう!

精油を携帯して、外出先でアロマテラピーもっともっとアロマテラピーライフを満喫したいなら、自宅の部屋やバスルームで楽しむだけではなく、外出先でもアロマテラピーを実践してしまいましょう!
これからはお出かけの際に、お気に入りの精油や精油を使った携帯アロマテラピーグッズを持ち歩いてみてはいかがでしょう?オフィスで仕事をしているときに、忙しさでついイライラしてしまったり、疲れて気分が落ち込んでしまったりしたとき。ハンカチやティッシュに精油を1、2滴たらして鼻や口元に当ててリラックスしましょう。これだけでもずいぶんと気分が変わってきます。

手作りのアロマスプレーも、バッグのなかにひとつ常備しておくと非常に重宝します。精油を精製水(不純物の含まれていないきれいな水のことです)に溶かして、香水などを入れるようなミニスプレーボトルに入れてふるだけで完成です。体臭やタバコの匂いなどが気になるときに、香水やコロン感覚でシュっとひとふきすれば、あっという間に良い香り。これで女性としてのエチケットも完璧です。

仕事中もプライベートも、これ一本で安心!携帯に特にオススメしたい精油がラベンダーとペパーミントです。
長時間パソコンなどで目を酷使する仕事をしている人は、即席ラベンダー湿布を試してみてください。ラベンダーの精油を溶かした水、もしくはお湯にコットンをひたして固く絞り、シップを作ります。このシップを目にしばらく当てておけば、目の疲れや室内乾燥によるドライアイを改善することができます。
また、ラベンダーには殺菌・鎮痛作用もあるので、ちょっとした切り傷や吹き出物などのトラブルにも対応できます。爽快なメントールの香りで気分をリフレッシュさせてくれるペパーミントは、旅先にはぜひ持っていきたい一本です。乗り物酔いによる吐き気や、海外旅行による時差ぼけで頭がボーっとしているときにはかなりききます。
手作りアロマコスメにチャレンジ!

香りも質も好みに合わせて自由自在お好きな精油をブレンドするだけでは物足りないという人は、オリジナルのアロマコスメ作りにチャレンジしてみましょう。手作りならば、香りも成分調整も自由自在。
自分の肌質や好みに完璧に一致するものが手に入るというのは、かなり魅力的なことですよね。
きれいにラッピングして、お友達のプレゼントにしてもオシャレです。
材料をそろえてレシピさえ覚えれば驚くほど簡単に作れてしまいますので、気軽にトライしてみてください。

まずは簡単化粧水に挑戦!まずは私たちが毎日の生活で一番ひんぱんに利用するコスメ・化粧水を作る。

・材料

フローラルウォーター(水蒸気留法によって精油を抽出するときにできる水分です)、なければ精製水でも可…90ml、
無水エタノール…5ml、植物性グリセリン…5〜10ml、好みの精油…3〜5滴

・作り方 

ビンに無水エタノールと精油を入れてシェイクします。そこに植物性グリセリンとフローラルウォーター、もしくは精製水を
入れて再びシェイク。たったこれだけでできあがりです!
完成した化粧水を入れるビンは、できればデリケートな精油の成分を熱や光から保護するため、遮光性のものを使ったほうが良いでしょう。なければ普通のプラスチック製のものでもかまいませんが、きちんと冷蔵保存してください。保存がきく目安はだいたい2週間前後ですので、作りすぎには注意!精製水と無水エタノールは薬局で、フローラルウォーターと植物性グリセリンはアロマテラピー専門店で購入することができます。

本格的クレイパックもあっという間に完成化粧水だけでなく、もっと本格的なスキンケアを試してみたい人は、クレイパック作りにトライしましょう!クレイとは粘土のことです。ミネラルを豊富に含み、汚れや皮脂をしっかり吸着してくれる性質があるので、美肌パックの素材としては最適だといわれています。

・材料

好みの精油…1〜2滴、キャリアオイル…5ml、クレイ…大さじ1、フローラルウォーター、なければ精製水でも可…15ml

・作り方

乳鉢にクレイとフローラルウォーター、もしくは精製水を入れてよくかき混ぜます。それとは別容器でキャリアオイルと精油を一度混ぜてから、すべての材料を混ぜ合わせて完成です。クレイもアロマテラピー専門店で購入可能。洗顔をして肌を清潔な状態にしたら、パックをのせて10分ほど放置します。ふき取ったあとはきちんと化粧水などで保湿をしてください。このパックは保存がきかないので、使用する直前に1回分だけ作る。
香り選びのポイント

●香りを試すのは2〜3種類まで
人の鼻は匂いにすぐマヒしてしまうので、一度に何種類もの香りを嗅ぐと判断が鈍ります。2〜3種類が限度です

●香りを試す時、ボトルから直接嗅がないこと
直接ボトルの口に鼻をあてると、アルコールの匂いがツンとして、本来の香りがつかめません。
手首の内側につけると、体温で温められ、実際につけたような香りが立ちます。手首の内側に1〜2滴つけ、手を2〜3度振ってアルコール分をとばしてから、鼻から少し手を離して静かに動かしながら嗅ぎます。 試香紙(ムエット)やコットンで試す場合も同様です。香りを少しつけ2〜3度振ってから、鼻から少し離して嗅ぎます。

●2種類以上嗅ぐ時は、違う箇所につけること
2種類以上の香りを同じ手につけると、香りが混じってしまい、正確に香りを嗅げません。左右の手に分けて試しましょう。


香りのイメージ

 爽やかなオーデコロンの香りは、その人をより魅力的に演出してくれます。香りには、それぞれ独自のイメージがあるので、その日その時のTPOに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。また香りを選ぶ時、爽やかさと清潔感に気を配ることを忘れずに。

●爽やかさを演出するとき

ゴルフ、テニス、オフィスワークなどには爽やかで自然な香りを!
柑橘系を中心とする シトラス系
青葉の青臭さ森林の爽やかさをイメージさせる グリーン系


●男らしさを演出するとき

ディスカッションや講演会、ひとりで酒を飲むなどには深みと落ち着き、個性が強く感じられる香りを!
白檀・パチュリーを代表する ウッデイー系
ラベンダー・オークモスを中心に構成される フゼア系


●大人っぽさを演出するとき

パーティー、夜のデートにはやさしさと重厚感のある香りを!
ローズ・ジャスミンをベースとする フローラル系
深みと落ち着きを与えるオークモスを中心とする シプレー系
フレグランスに合わせた上手な香りのつけ方のポイント

香水、パルファムは点でつけます。1〜2滴を手首、ひじ、ひざの内側など比較的体温が高い部分につける。

オードパルファムは香水より少し量を増やして、香りを広げるようにつけましょう。

オードトワレとオーデコロンは面でつけるのでアトマイザーを使ってスプレーすると効果的です。20cm位離して、香りが広がるようにつけましょう。

練香水は指先に少量とり、耳たぶ、襟足、手首の内側などにつけましょう。

パウダーを入浴後に使う時は、身体の水気を取ってから使いましょう。

●つけるタイミングのアドバイス

デートの時の食事まではほのかに香るようにし、必要なら食後につけ直しをしましょう。それだけで、雰囲気が違ってきます。しかし、つけすぎはいけません。
アロマキャンドル使い方

アロマキャンドルを使うときは、とくに難しい道具は必要ありませんが、ちょっとのコツを押さえることで、安心して快適にアロマ効果を楽しめます。

使い方の基本は以下の3つ。これを押さえて早速アロマ生活スタート!

1・プレートに乗せるひと手間を欠かさずに
 クリアカップ入りのキャンドルは、ロウがすべて溶けると底が高温になります。不燃性の皿などに乗せて使いま しょう。また、ボーティブ、スクエアタイプはロウが溶け出すことがあるので、プレートを敷いて。

2・ボーティブタイプはコップ状の容器にイン

  円柱状のボーティブタイプはやや深さのある容器に入れるのが基本。そうすることでロウが溶け出さないの で、最後まで無駄なく燃焼させることができます。

3・「おやすみなさい」と同時に吹き消して

  アロマキャンドルは目と鼻と脳で楽しむもの。炎を眺めながら香りを感じることで癒し効果が得られます。だ   からもちろんおやすみ前には火を消すこと。
手軽な入浴法

●水分補給について

汗をかきますので、水分の補給をしてください。

また、疲労回復するには、疲労物質(老廃物)の乳酸を排出するのが有効です。
乳酸を体外に排出するために、多めの水分が必要です。
1日に水を1.5リットル程度飲みましょう。
一気に飲まずに、1回150ccくらいをこまめに飲みましょう。

かけ湯

入浴の始めは「かけ湯」から。これは最低限のマナーです。
温泉や公衆浴場で、かけ湯をせずに浴槽に入る人を見たら、気分が良くないですよね。


半身浴 1

お湯に首まで浸かる全身浴では、体に500kg以上の水圧がかかります。
ウエストが3〜5cmも、押さえつけられて縮まるほどです。
この状態では、血液が一斉に心臓に戻って、肺や心臓の負担が増えるのです。
お風呂に入ると疲れるという人は、これが原因です。

半身浴 2

浴槽に入る前に、お湯に体を慣らすため、かけ湯をします。
その際、上半身にお湯をかけると、水分が蒸発するときに体温を奪ってしまって寒いので、
かけ湯は下半身だけにしましょう。
特に寒い時期は、足先から順に上へと、たっぷりのお湯を使いましょう。

足浴

歩き回ったり立ちっぱなしだったり、疲れてしまって入浴する気もおきない時に効果的です。
風邪で入浴できない日も、足浴で温まりましょう。
足浴しながらテレビを見たり、読書も電話もできるので、気軽に試してみましょう。

手浴・肘浴

手浴は、頭痛、鼻詰まり、肩こり、手の疲れに効果があります。
激しい肩こりには特に効果的ですので、試してみましょう。

温冷浴

手浴、足浴の際に、温冷浴も試してみましょう。

顔浴

顔の毛穴を開き、汚れを浮き上がらせます。
蒸気を吸い込むので、呼吸器官や喉の痛みやトラブルに効果的です。


季節によって入る時間を変えている方もいらっしゃると思います。それぞれメリットが
あるのですが、ポイントはお湯の温度と湯船につかる入浴時間です。

朝の入浴

体を目覚めさせる働きがあります。交換神経を刺激し興奮を促す脳内ホルモンが分泌されるので
シャキッとした体感が得られるのですね。この朝風呂は、42度前後のやや高めな湯温で3分間が
目安といわれています。ピリッと刺激を与え1日を爽やかに始める朝の入浴。

夜の入浴

体をリラックスさせ気持ちの良い眠りをゆっくりと引き寄せてくれる効果があります。心地よい
ぬるめの湯温で10分くらいが最適とされています。ぬるめの心地よい湯にゆっくりつかり副交感
神経を刺激することで脈拍も緩やかになり、気持ちをやわらげる効果があるのです。

スポーツの後の入浴

汗を流すシャワーだけでなくゆっくり湯船につかるなら、少し休んでからの入浴がおすすめです。
運動で疲労物質の乳酸が残った筋肉は酸素を必要としています。そのためにすぐにお湯に飛び込
んでしまうと血液が筋肉に集まることが出来ず乳酸が残ってしまいます。運動の後の疲労回復の
ためのお風呂なら、休憩後体温が平常になってから入りましょう。

シャンプーを効果的に行うため、お風呂の前にブラッシングされる方もいらっしゃると思います。
同様にお風呂に入る前の準備として、体のためにお水を一杯飲んでから入浴しましょう。
ゆるやかな発汗ができ体に負担をかけにくくなります。

仕事や外出先から帰っての入浴

温まるためすぐにお湯に飛び込みたい!けれどその入浴だと体を芯から温めてくれません。熱い湯は
体の表面を温めてくれますが、つかる時間も短くなり体全体が温まらないのです。これはのぼせの原因
にもなってしまいます。ぬるめのお湯で十分にかけ湯をする、ぬるめのお湯にゆっくり入るのがオススメ
とされてきました。

夜の入浴の後、すぐにパソコンに向かったり何か作業をしてしまうとリラックス効果がなくなるとい
われています。実はこれ、脳がリラックスするのは湯船から出てしばらく経った後。お風呂タイムも
体と脳ではリラックスの迎え方が異なります。体はリラックスしたのに頭は休まっていないという時差
を解消するためには「お風呂の後の30分のごろ寝」がすすめられています
ミストサウナ浴

ぬるめの温泉に長時間入っていると、ついウトウトしてしまうことがあるでしょう。これは副交感神経
の働きが促されて、心と体が「休息モード」へゆっくりと導かれていくためです。

ミストサウナによる「ミスト浴」も同様の効果があります。ミストサウナは温かい蒸気で、体を穏やかにあたためます。ミストサウナは低温のうえ、水圧がかからないので、急に血圧が上がるおそれが少ないというメリットがあります。また蒸気のおかげでノドや鼻が乾かないので、長い時間ラクに入浴することができます。
そこで、ミストサウナを取り入れた“癒し入浴法”をご紹介します。このプログラムは、精神疲労や不
眠症に目覚ましい効果があります。

※ ただし高血圧や心臓病の方には不向きなので注意してください。

1・体の末端の方から順にかけ湯をして、体にお湯をなじませます。

2・37℃程度のぬるめのお湯に、20〜30分じっくりと半身浴します。

3・ミストサウナに入浴します。ミストサウナは、だいたい室温約40℃程度に保たれていますので、10分を
  目安にして、あたたかな蒸気を浴びながらゆっくりと入浴します。ミストサウナ入浴後は、少しの間、
  湯船の外で休むようにしましょう。

4・シャワーなどで、肩にお湯を当ててマッサージします。シャワーヘッドを調整できる場合は、「打たせ
  湯モード」にします。ただし、お湯の勢いが強すぎないように注意しましょう。

5・湯船のお湯を、寝そべることができる程度の高さまで抜き、ぬるいお湯の中に横たわるようにして入浴
 します(寝湯)。水面に近いところで体を浮かせるように入浴するので、水圧の負担が少なく、長く入って
 いることができます。血液やリンパ駅の流れがよくなり消化も促進され、心身ともにリラックスできます。
シャワー温水浴

体温よりも少し高めの38℃〜40℃くらいにがベスト。
体の末端、手・足から徐々に体の中心部にむかっていきます。円を描くようにしてかけていく。
一通り全身にかけ終わったら、お湯の温度を少しずつ上げていき42℃程度にします。
あとは存分にシャワーを浴びて下さい。
寒い冬は、最後に20℃くらいに下げた水をサッと浴びてから出ると、保温効果があります。
くれぐれもタオルで十分に水分を拭いてください。

マッサージ効果を得るためには、シャワーの水注圧は強めがよい。
 
シャワーリングの前に42℃くらいの熱めのお湯に5分くらいつかりましょう。

1. 凝り」を感じる部位、肩や首、腰などに40℃前後のシャワーを各5〜10分くらいゆっくりとあてます。

2. シャワーを浴びながらのストレッチ。お湯の温度は40℃くらい。
  背中にシャワーを受けながら、腰を前にかがめます。
 シャワーリングの後はぬるめのお湯にゆっくりつかりましょう。

3.40℃くらいのシャワーを脚にかけます。足首をゆっくりとまげたり伸ばしたりします。

シャワー冷水浴

胃腸の弱い方にオススメ
(1)胃液の分泌が高まり、胃腸の働きが活発になります。
(2)呼吸量が増えるので血圧が上昇。筋肉や肝臓の代謝がよくなります。
   そのため、筋力が高まり皮膚に張りがでるので疲労回復につながります。
(3)血管の縮小・拡張が活発になるので血管の鍛練になります。
(4)一種の興奮作用が高まるため心理的に緊張し、元気が回復します。

37℃くらいのお湯に設定しシャワーを浴びます。
一通り全身に浴びた後、30℃まで水温を下げ再度シャワーを全身に浴びます。
徐々に水温を下げ、最終的には18℃〜20℃くらいの温度にし、20秒〜30秒間浴びましょう。

● 冷水シャワーにおける諸注意
最初から冷水を浴びるのは大変危険です。血圧が急上昇してしまいます。
また皮膚の汚れが毛穴に取り込まれてしまうため、衛生面においても好ましくありません。
※高血圧症の方、心臓の弱い方はお止め下さい
高温反復浴

熱いお湯につかることで胃の動きが鈍くなるため空腹感が薄らぎます。ですから食事前に入浴
することでダイエットのための自然な食事制限ができるのです。

★ ポイントはお湯の温度です。【42℃】が高温反復浴の湯温。
★ 入浴のタイミングは食事30分前。ただしあまりに空腹が激しいときはちょっと食べてからに
 してください。消耗が激しいので体が耐えられません。
★ 回数ですが、一日に2回が限度です。それ以上はやらないようにしてください。

1・ぬるめのシャワーを全身に浴びて体を慣らします。
  次に浴槽の熱いお湯を足からだんだん上にかけていきましょう。

2・バスタブにゆっくり入ります。肩までつかって1分間。
  お腹から胸のあたりで1度止めて、その後静かに肩まで沈めていきます。

3・肩までお湯につかる全身浴で2〜3分。熱いお湯は体に負担がかかるので、
  時間は時計で正確に測りましょう。

4・バスタブから出て5分間の休息。この間に体を洗ったり顔を洗ったり、と時間の有効活用を。

5・もう一度バスタブに入ります。時間は2〜3分。肩までしっかりつかりましょう。
 この間にもエネルギーは消費されています、じっとガマン。

6・2回めの5分間休憩。シャンプー&リンスをする時間にしましょう。汗が吹き出してくる頃です。

7・最後の全身浴です。時間は2、3分。
  入浴剤を使っている場合、上がり湯はしない、または控えめに終わらせましょう。これでバスルームからでます。

8・お風呂上がりは湯冷めをしないように体の水分をよく拭き取り、30分から1時間くらい
  のんびりと体を休めましょう。十分な水分補給も忘れずに。
月替わりの薬湯!

1月 みかん湯
   甘酸っぱいみかんの香りが広がり、気分爽快です。

2月 大根の葉
    葉を刻んで干し、煮出した煮汁を湯に入れます。大変あたたまります。

3月 よもぎ湯
    煮出した煮汁を湯に入れます。よくあたたまります。

4月 桜・バラ
    花を湯船に浮かべて、香りと彩りが楽しめます。

5月 菖蒲湯(しょうぶ)
    よく洗って、生のままで湯船に。疲労回復や冷え性に効果。

6月 いちじく湯
    いちじくの葉っぱを刻んで湯にいれます。(干した葉でも可)良い香りがし、リラックスできます。

7月 ミント湯
    さわやかなミントの香りが、暑さを忘れさせてくれます。リフレッシュ効果抜群です。

8月 桃湯
    生の葉を細かく刻んで、布袋に入れて浮かべます。あせもや湿疹に効果、季節柄おすすめ。

9月 菊湯
    花と葉っぱを一緒に浮かべましょう。菊には、強い抗菌作用があると言われています。

10月 もみじ湯
    葉をよく洗って、湯船に。秋の情緒満点です。

11月 松葉湯
    松葉を煮出して、煮汁をお湯に。とても良い香りで、リラックス。

12月 柚子湯
    ゆず湯は、体をあたためる効果が抜群です。
シャンプーの方法

@お湯でよく髪を洗い流す。たっぷりのお湯で力を入れずやさしく洗います。
  これだけで、70〜80%の汚れを落とす事ができます。

A適量のシャンプーを手に取り、頭全体になじますようにつけます。

B指を立てず、手を少しくぼまし、優しく小さく円を描く感じで、
  髪の毛全体をこすって、よく泡立てます。

C泡で頭全体を包み込んで、髪がこすりあわないように、
  優しく髪の汚れを 落とします。

Dつめを立てず、マッサージするように両手の指の腹で、頭皮を洗います。
  皮脂の多くでる、おでこの上、頭のてっぺんは、特に念入りに洗います。

Eシャンプー剤が残っていると、それが原因でかゆみや炎症、脱毛などが
  起きる場合があります。たっぷりのお湯で、徹底的に洗い流しましょう。

  熱すぎるお湯は必要な脂分までとってしまう恐れがあるので、厳禁です。
  ぬるま湯で、特に髪の生え際などに注意してすすぎましょう。

リンスとコンディショナーは、ともに髪の表面に皮膜をつくりすべりをよくするものです。

トリートメントは、髪の表面から浸透し、髪の状態を内側から整えるものと言われています。

普段はリンス・コンディショナーで髪の表面を保護します。
そして 何日かに一度、髪の傷みに応じてサイクルを決め、
正しいトリートメント方法でダメージケアをしましょう。

リンス・コンディショナー・トリートメントも地肌に残らないように、
しっかりとすすぐことが、トラブル防止のために大切です

@シャンプーをしっかりとすすいだ後、タオルで軽く水分を取っておく。

A適量(用量厳守)を手のひらにとり、手のひら全体に伸ばしておく。

B髪の毛の根元から、毛先にむかって優しくまんべんなく塗ります。
  ショートヘアの方は、髪の毛をつまむように...。

C少し時間をおきます。蒸しタオルを巻くとさらに効果的です。
  コンディショナーはすぐに洗い流します。

Dたっぷりのぬるま湯で、髪をこすらないように優しく徹底的にすすぎます。
  頭皮に残ったトリートメントは、フケやかゆみ、臭いなどの原因になります。
  特に耳の後ろ、襟足なども充分にすすぎます
髪の毛乾かし方

@まずは充分なタオルドライを!

  髪の毛をタオルでおおい、タオルの上から指の腹を使って、
  頭皮をマッサージするように水分をよくとります。

  髪の毛をこすり合わせてしまうと、キューティクルを傷つけてしまい、
  髪の傷みの原因になりますので、注意が必要です。

  ロングヘアの方は、全体の水分をとったあと、毛先をタオルにはさんで、
  おさえるようにして水分を吸いとります。

Aドライヤーで乾かす。

  まず全体を軽く乾かします。
  ドライヤーは、髪から10センチ以上離して使いましょう。

  髪の根もとを中心に、内側から外側へ乾かします。
  頭皮がよく乾くように、中に指を通して、髪を動かすように乾かします。

  ロングヘアの方は頭を下に向けると、内側や根もとが乾かしやすくなります。

  半乾きの状態になったら、お気に入りのスタイルにセットをしながら、
  毛先まで乾かします。

  乾かしすぎは、髪の痛みの原因になりますので、注意が必要です。

※髪が濡れたまま寝ると、キューティクルを傷つけ、傷みの原因になります。
  完全に乾かしてから寝ましょう。

※ドライヤーの使用時間を短縮するために、出来るだけタオルドライを
  しっかりと行いましょう。

※朝シャンした時は、髪の根元や頭皮だけは、しっかり乾かしましょう。
  長時間頭皮の水分を放置すると、フケやかゆみの原因となります
バスルームで エクササイズ

● 浮力によって体を楽に動かせる
● お湯の抵抗を利用できる
● 筋肉や関節が温まっている

 バスルームは小さな動きでも大きな効果が得られためトレーニング空間に最適なのです。
習慣にすれば効果は確実にでてきます。バスルームエクササイズでキレイになろう。
お子様と一緒にできるバスルームエクササイズ。ほどよい運動になるだけでなく、親子のコミュ
ニケーションもはかれるバスルーム活用法です。ただしバスルームには危険もいっぱいですので、
お子様がすべったりしないようにくれぐれもご注意下さい。

バスルームをお子様とのコミュニケーションの場として考えてみませんか?

・肩たたき

体を十分にあたためた後、お母さんの肩をリズミカルにたたきをしましょう。
血行促進で楽しく肩こり解消。

・背中のマッサージ

お母さんの背中を上下にさすってマッサージ。肩こりと同じで背中も凝るものです。
背骨にそってマッサージをしてもらいましょう。

・背中、胸の運動

お子様はひざ立てに。お母さんはお子様の両肘を軽くもって上の方へ引き上げます。
胸を十分にそらしてあげましょう。

・股関節、太ももの運動

お子様は足裏を合わせて座り、お母さんは後ろから膝をゆっくり押してあげましょう。
股関節、太ももの運動になります。

・ウエストの運動

お子様は立って、おかあさんは膝立てで背中合わせになります。声を掛け合いながらからだをひねり
あって両手を合わせます。左右交互に半回転しましょう。

・脚の運動

お母さんはお子様の手をしっかりつかんで膝を伸ばして座ります。お母さんはゆっくりリズミカルに
脚を閉じたり開いたりします。お子様ははさまれないように両足でぴょんと飛びましょう。
すべらないように十分に注意して下さい。

・ジャンケン遊び

これはコミュニケーション。ふつうのジャンケン遊びもお風呂場ならたのしくなるから不思議なもの。

・お湯をかけ合って水遊び

じゃんけんに負けたらお湯かけられる、そんなルールにしても楽しいはず。
水しぶきをぱしゃぱしゃたてて楽しく遊びましょう。
浴室の掃除

  「使ったらすぐ」!
 
 1:入浴後、水滴を拭き取っておく

 毎日最後に入浴する人が壁や床を洗い流し、残り湯を拭きながら浴槽内をスポンジでこ
 すって湯あかを落とし、最後にから拭きを。洗剤は必要無し。仕上げに壁や床の水滴を拭
 取ることも忘れずに。カビの予防にもなり、「きれい」の長持ち度がグンとアップします。

 2:入浴、掃除の前後は必ず換気をして湿気を取る
  
    バスルームの大敵はカビ。
  カビを防ぐには、湿気をためこまないこと。まめな換気が大切です。
  入浴と浴室掃除の前後は換気扇をまわしてしっかりと換気を。
  湿気をためると、浴室だけでなく、住まいそのものを痛める原因にも。

 3:体力のいる浴室掃除
 
   浴室は、お掃除に体力のいる場所。でも、一度の掃除にかける時間は15〜30分が原則。
   時間をかけすぎると、心身ともに疲れ果ててしまいます。どんなに長くても1時間が限度。
   一度に完璧を目指さず、「ムリなく計画的に」掃除することが大切です。
 
  4:浴槽のお手入れは、柔らかいスポンジでやさしく
  
    浴槽は、傷がつきやすいのでやさしいお手入れが基本。たわしなどは厳禁。
    手に余るくらいの大きさの柔らかいスポンジに洗剤をつけ、円を描くようにして
    均一に磨きましょう。洗剤はしっかり洗い流すこと。シミになることがあります。

 5:ピカピカの水洗金具で自慢できる浴室に
  
    浴室をきれいに見せるポイントは、ピカピカの水栓金具。手入れをしないと水あかや石
    けんカスが付着し、放っておくと頑固な汚れになったり、メッキがさびてしまうこともあります。
    普段のこまめなお手入れが大切。

 湯あか、水あか、石けんカスなどが複雑に絡み合った浴室の汚れ。
 汚れの種類や度合いによって、お掃除の方法も違ってきます。

水あか、湯あか

  水道水に含まれるケイ酸が、湿潤と乾燥を繰り返すうちに次第に堆積したもの。
  放置するほどにやっかいな汚れになります。

カビ
  
  壁・床のタイルや目地についた黒ずみの正体はカビです。湿度が高く栄養分も豊富な浴室。
  壁は、天井から10〜15cm、床から20cmくらいの場所に多発します。

  もらいさび
 
  器具そのものから生じるのではなく、ぬれたヘアピンなどに発生したさびが、ステンレスや
  プラスチックなどに付着したもの。うっかり置き忘れに注意。

さび

  金属の素材には湿気や腐食性ガスによってさびが生じます。水栓金具などのめっき製品にも
  目に見えない極微細な小穴があり、さびが発生することがあります。
  初期段階のさびならある程度元に戻せます。 金属石けん
  浴槽のふちにつく白っぽい汚れ(黒っぽいものもある)。石けん分や身体の脂肪分が、
  水に含まれるカルシウムなどの金属成分と反応し、徐々に積み重なってできたもので、
  通常の洗剤では落ちない頑固な汚れです。

浴室には、ホーローやFRP、タイルなどさまざまな材質が混在しています。
 傷がつきやすいものもあるので、お手入れの際はいきなりたわしでゴシゴシ磨いたりせず、まずは
 柔らかいスポンジから。クレンザーなど研磨剤入り洗剤の頻繁な使用は避けたほうが無難です。

 洗剤は、界面活性剤の働きで化学的に汚れを分解するもの。

 付いてすぐの汚れなら中性洗剤で十分。材質を傷める心配もありません。
 手肌にやさしい台所用中性洗剤は活用度大。浴槽など肌に直接触れる部分のお手入れに。
 同じ中性洗剤でも、浴室用のものには石けんカス等に強い成分が配合されています。
 油汚れにはアルカリ性や弱アルカリ性、水あかなどの有機物には酸性や弱酸性の洗剤が有効。
 カビ取り剤は塩素系の洗剤です。

  洗剤は、材質への影響を考えて、洗浄力の弱いものから段階的に使うのが賢い方法。
  使用前にラベルの表示をよく読んで使いましょう。

 洗剤は混ぜて使わない。
(特に塩素系のものと酸性のものは併用すると塩素ガスを発生するため、絶対に混用しないこと)

 使うときはゴム手袋をする。

浴室掃除の道具

●スポンジ

浴槽の掃除には、大き目のものが便利。
浴槽を傷めない柔らかなものを使います。

●タオルぞうきん

使い古しを縫わずそのまま折ったり、巻きつけたり、様々な形で使えます。

●新聞紙

鏡やガラスを磨くときに重宝。

●ゴム手袋

折り返して使うと水や洗剤が入らず快適。

●軍手

ゴム手袋の上にはめて軍手ぞうきん」に。
水栓金具磨きにも便利。

●レールブラシ

タイルの目地など細かい部分を磨くのに便利。

●浴室用ブラシ

レールブラシより広い部分に使います。

●歯ブラシ

活用度大。使い古して毛先がはみ出ているもの

●割り箸

布などを巻きつけて、細かい部分の汚れ落としに。